FC2ブログ
中年HSP記
エンパス型HSP(Highly Sensitive Person)でHSS(High Sensation Seeking)な中年男の自省録。※自虐ネタなのでHSPやエンパスに否定的な表現もありますが、HSP全体のことではなく、私個人の事ですのでご容赦ください。
気遣いに弱い人
相手の気遣いが分かってしまうので、とても申し訳ないようなやりきれない気持ちになります。

♪ただ、あなたの優しさが…恐かった♪
という『22歳の別れ』の歌詞、どういう意味か女性心理は分かりませんが、私も人の優しさに負担を感じることがあります。

助けてもらったらご恩返しをしなければならないような気がするんでしょうか? …まるで昔話のツルや亀みたいですね。

ストレスって不快な事だけでなく、快い刺激もあまり強いとストレスになるそうですが、私も人に気を遣ってもらうとスゴク申し訳ない気持ちになり、かえってストレスになる時があります。

ただ不思議なことにHSPの方の気遣いはあまり負担に感じません。

何度かHSPの方とお会いしたのですが、皆さんとても気遣ってくれました。しかしHSPの気遣いはとてもさりげなく、嬉しく感じる事はあっても負担には感じませんでした。

非HSPの方に気遣ってもらう時は、何か物凄い事をしてもらっているような気になってしまいます。

ところで自分の欲求を抑えて親のためを思ってくれる時、こどもは天使に見えます(もちろん悪魔に見える時もよくありますが…)。

ウチの子供達はパパが貧乏なのを知っているので
「大人になって、お金持ちになったらパパに何か買ってあげるね」
と言ってくれます。…ううぅぅっ。

きっと経済観念のしっかりした大人になってくれると思います。

貧乏の効用ですね。
[2012/12/07 12:01] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<タイトルなし | ホーム | 年忘れHSP交流会 in 新浦安>>
コメント
すごく、共感しました。
hspは、優しさや気遣いが時に
相手に負担をかけることを
身をもってわかっているからこそ、
相手に負担に感じさせないように、
サラッと気遣うのだと思います。
恩を着せる意図のある人の気遣いは、重く感じるのかもしれない
ですね。
[2012/12/07 23:21] URL | わんこ #- [ 編集 ]
わんこさんコメントありがとうございます。

hspは“自分”という意識が淡白なので、自然に気遣いができ、相手も負担にならないのかもしれません。

“自分”を曲げて頑張ってしてもらう非hspの気遣いも嬉しいのですが…後で反動がきそうで…かえって心配です。

何しろhspは気遣いし慣れていますから、先の先まで考えてしまいます。その部分だけ考えると接客業なんか向いてそうなんですけど…仕事って“自分”を出さなければいけない部分もあるので難しいんでしょうね。
[2012/12/08 13:34] URL | 渾敦(こんとん) #- [ 編集 ]
こんばんは。
確かに、HSPの人の気遣いは、気を遣っているように見えない(見せない?)ですね。

接客業ではありませんが、人と密に接する仕事をしています。
相手と1対1だと楽ですが、相手が複数になると、とたんに疲れます。あちこちにアンテナが働いて、全部を感じとってしまうからでしょうか?
[2012/12/09 21:19] URL | あずみ #HlYXEWHA [ 編集 ]
あずみさんコメントありがとうございます。

私も複数の人といると疲れたり混乱したりします。あずみさんのおっしゃる通り、全部を感じ取ってしまうからだと思います。情報の入力が多くて、情報処理が追いつかず、フリーズ(思考停止)してしまうこともあります。非hspのように、割り切って相手からの情報を取捨選択できればいいんですけれど…。
[2012/12/10 12:21] URL | 渾敦(こんとん) #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://k0nt0n.blog.fc2.com/tb.php/88-eaaca320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

渾敦(こんとん)

Author:渾敦(こんとん)
エンパス型のHSP
(highly sensitive person)
でHSS
(highly sensation seeking)
な中年男です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ようこそ