FC2ブログ
中年HSP記
エンパス型HSP(Highly Sensitive Person)でHSS(High Sensation Seeking)な中年男の自省録。※自虐ネタなのでHSPやエンパスに否定的な表現もありますが、HSP全体のことではなく、私個人の事ですのでご容赦ください。
エンパス交流会
先日、仕事と家の用事に都合をつけ、ようやく念願のエンパス交流会に参加しました。数時間でしたが、とても有意義な体験でした。

お会いするまでは結構不安でした。しかし、お会いすると初対面なのに話し易い感じがしましたし、打ち解けると、親戚に合ったような懐かしさを感じました。

まず、相手の方は外見ではエンパスであると分かりませんでした。これは相手の方も私がエンパスであるとは全く分からないとおっしゃっていました。

ただ人に対する心遣いが細やかなので、ああ、やっぱりエンパスなんだと感じました。そんなに気を遣わなくても大丈夫な人(お店の店員さん等)に対し、とても気遣いされているのを見受けました。また普通なら、聞き流してしまうような言葉のハシでも、きっちり汲み取ってくれるところに気遣いを感じました。

話がはずむと、私も人には話せないな~というような事も話していました。そんな話もまったく普通の事の様に受け止めていただき、つい色々と長話をしてしまいました。お酒も入ったので、より打ち解けやすくなりました。

話していると、相手の方にどこか自分自身を見ているような感じがしました。これはエンパスという資質が同じからなのか、相手の方が無意識に私の気質を反映しているからなのか…多分、両方だと思います。おそらくエンパスは誰にでも同じように接しているつもりでも、同調して相手の気質を反映させているようです。

話をしていて不思議なのは、たとえツライ体験を話されている時でも、普通の人のようにツライ感情を発しない事です。エンパスは自分の感情を表に出さないのかもしれません。たぶん無意識にそうしているのでしょう。

私自身もきっと感情を伴わない話をしているのだと思いますが、他の方がそういうふうにされているのはとっても不思議でした。ただ私にはとても楽でした。きっと、感情を読まなくてすむからだと思います。

エンパスの私には感情を抑えた会話は奥ゆかしく、非常に好感が持てますが、非エンパスには異質に感じるかもしれません。

お会いしたエンパスの方はとても暖かく、繊細で、人をサポートしようという思いが伝わりました。情感の人なのかもしれません。いろいろと細やかな心遣いをしていただきましたが、優れた直観力で私を見抜いていた上でのことのように感じます。

また都合がつけば、エンパス交流会に是非参加したいです。
本を読むよりもずっとエンパスに対する理解が深まったと思います。
[2012/11/03 12:01] | エンパス道 | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
わー、交流会行かれたんですね!
さまざまな気づきや発見があったんですね^^
私も参加してみたいです。
[2012/11/05 12:52] URL | チャギントン #- [ 編集 ]
チャギントンさんコメントありがとうございます。

私もできればいろいろなエンパスの方にお会いしたいです。もしかすると2~3人の少人数の交流会の方が打ち解け易いかもしれません。色々な性格やタイプのエンパスの方がいるのかもしれませんが、おそらくみんな繊細さを持っていると思います。しかし敬意と節度を持って接すれば相手も安心してくれ、交流会を楽しめると思います。
[2012/11/05 23:36] URL | 渾敦(こんとん) #- [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/11/06 10:39] | # [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://k0nt0n.blog.fc2.com/tb.php/77-a3925cb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

渾敦(こんとん)

Author:渾敦(こんとん)
エンパス型のHSP
(highly sensitive person)
でHSS
(highly sensation seeking)
な中年男です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ようこそ