中年HSP記
エンパス型HSP(Highly Sensitive Person)でHSS(High Sensation Seeking)な中年男の自省録。※自虐ネタなのでHSPやエンパスに否定的な表現もありますが、HSP全体のことではなく、私個人の事ですのでご容赦ください。
いつの間にか仲介役に


ああ、まずい。この流れは…

と感じながら私は揉め事の間に立たされています。分かっていました、こうなることは。

目の前で誰かが喧嘩しているとします。

そういった刺激に敏感なHSPは当然、そのギスギスしたやりとりに感受性を働かせてしまいます。

いえ、何も感受性を向けたい訳ではないのです。しかしHSPの生理として嫌でも注意がそこに行ってしまうのです。

喧嘩をしている当事者達からすると、まるで私がその口論に関心を寄せているように感じるみたいです。私がどんなに無関心を装っていても無駄です。

人間に備わった戦いの本能が「こいつはこの争いに利用できる」ととらえます。恐るべき能力です。

しかも私は普段、自己主張しない人間と思われています。
争いに巻き込んでも文句は言わないだろうと判断が働いているハズです。

以前、家のリフォームを巡って業者と家の家族の間に感情的なトラブルがありました。
その際、家族から
「なんでこういう風に言わないんだ!?」
とか、
「それじゃあ、今度はこれを言ってきて!」
みたいに責められ、神経がボロボロになりました。

確かにその業者は不誠実なのですが、交渉の矢面に立たされた上に、押しの弱さを家族に責め立てられ、家族に対しても人間不信に陥りそうでした。

仲介役を私に頼みやすいのでしょうが、私には相手を論じ伏せるような交渉は全く向きません。

たとえ、
「お願い! あなたしか頼めないの!」
と言われても、結局はその人の盾にされるのがオチです。

まあ盾にはなるでしょうけど、矛にまではなれませんよ、私は。

自分かわいさから他人を遠隔操作したい人は鉄人28号でも操縦すればいいのに。

確かにHSPにはこじれた人間関係の潤滑油としての資質があると思います。
双方の気持を理解し、何が問題なのかを直感的に探り当てます。双方のわだかまりを和らげ、例え擬似的であっても関係を取り繕うことが得意です。

まあそれが擬似的である点が限界かもしれませんが。

本当に仲良くなるのならやはり当事者同士が多少衝突してでも関係を築かないとダメです。

しかし仲介役って本当に大変です。自分を滅して関係者に気配りしなければなりません。果たして自分がやっていることは生産的なのかと疑問に思うこともあります。

このような苦役をしいられているのに大抵は「ありがとう」でも「ごくろうさま」でもありません。
やって当然、不備があれば何やってんだって・・・本当に伝書鳩あつかいです。

結局、不本意ながら仲介役に堕するのは、周囲の人たちが揉めるのを見るのが嫌だからです。自分の周りは平和であってほしいのです。

自分勝手な人たちのお世話が好きなわけではありません。

それにしても仲介役をやっていていつも思うのは
「つまらない事でよくそんなに怒れるよな…」
です。
[2017/07/22 23:35] | ザ ダークサイド オブ 「敏感にもほどがある」 | トラックバック(0) | コメント(9) |
<<会社勤め | ホーム | 人の本音に敏感>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/07/24 20:57] | # [ 編集 ]
非公開コメントありがとうございます。

返信は直接メールにさせていただきました。届いていなければコメント欄にご一報ください。

渾敦
[2017/07/24 22:12] URL | #- [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/07/26 21:09] | # [ 編集 ]
非公開コメントありがとうございます。

返信は直接メールにさせていただきました。届いていなければコメント欄にご一報ください。

渾敦
[2017/07/28 20:31] URL | #- [ 編集 ]
【お知らせ】最近、非公開コメントをいただいた時、メールアドレスがあれば直接メールにて返信しています。

渾敦
[2017/07/28 20:35] URL | #- [ 編集 ]
初めまして。過去記事から失礼しますm(_ _)m

私もHSPでよく潤滑油にされてしまいます。
潤滑油と言えば、聞こえは良い方なのかもしれません。
私的には”板挟み”だといつも思ってました(苦笑)

主に仕事ででしたが、何故か上司と自分の先輩の間に挟まれることが多々ありました。
私は何の役職もないただの”平”なんですけどね。
そして、これといって仕事ができる人間でもないのです。
なのに・・・なんでこんな面倒なことをさせるのかと。

上司が直接先輩に言えばいいのに、
先輩が直接上司に聞けばいいのに。

何度もそう思いましたが、どちらも私から見れば上の人たちなので、文句言えません。仕方なく双方の思いや指示を伝書鳩になって届けます。

色々あってその職場から離れましたけど、しばらくたってから一番仲のいい先輩から「相変わらずな状態」と近況を聞きました。

そうなってしまうのは、渾敦さんが仰るように当事者同士がちゃんと話し合わないと根本的に解決できないからなんだと・・・本当にそう思います。

それでお互いの関係が壊れるか、逆により理解が深まるか・・・。
前者になることをたぶんお互いが恐れているのだと思いますが、現状維持では埒が明かないですしね。

お互いの愚痴や片方がキレて大声を出しているのを聴くと心臓がひっくり返りそうになります。私も平和が一番だと思います。









[2017/10/29 11:50] URL | みかんの木 #NgDLdiQA [ 編集 ]
みかんの木さんコメントありがとうございます。

本当ですよね( ̄ヘ ̄)
言いたい事はあるけど、相手に面と向かっては言えない人達がHSPを利用するんです。全くいい迷惑です。人を平気で矢面に立たせるなんて戦国武将にでもなったつもりなんでしょうか?

こちら(HSP)はなるべく相手を傷つけないように言われた事を柔らかく翻訳して伝えているというのに。結局一番ひどい事を言われているのは仲介役のわれわれです。

私もあきれてくると
「直接言ってみたらどうですか?」
と言ってしまいます。

大声張り上げての喧嘩は、もう怪獣ショーだと思うしかありません。

渾敦


[2017/10/29 23:00] URL | #- [ 編集 ]
今の部署の先輩は伝書鳩使いです。でも…管理職てそーゆーもんなのかなぁとも、思います。だから、管理職になりたくない自分としては、伝書鳩業務も甘んじて受け入れなければならないのかなぁと…。

うまく伝書鳩を使ってくれる人ならいいんでしょうね…。伝書鳩は残念ながら、あなたのコピーではないので…あなたの気持ちをそっくりそのまま伝えることはしないので、そこはご理解いたらだきたいですね…。伝書鳩個人のアレンジを、多めにみていただけると…けっこういい仕事すると思うんですが、そのポイントが、やはりズレていたりするんですかね〜。
[2017/11/11 03:36] URL | ymkymk #- [ 編集 ]
ymkymkさんコメントありがとうございます。

HSPは伝言だけではなく、気持ちまで伝えようとしてしまうのでいいように使われてしまうのだと思います。

良い伝書鳩になる必要はありません。
メンドクサそうに嫌々やるべきです。

そもそも大事な話なら自分で直接伝えるべき。

どうなっても私は知りません、ぐらいの気持ちでいいのだと思います。

そうすれば面倒くさがりの上司も頭と気を遣わざるを得なくなるはず。

渾敦
[2017/11/11 21:47] URL | #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://k0nt0n.blog.fc2.com/tb.php/184-9f4221fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

渾敦(こんとん)

Author:渾敦(こんとん)
エンパス型のHSP
(highly sensitive person)
でHSS
(highly sensation seeking)
な中年男です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ようこそ