中年HSP記
エンパス型HSP(Highly Sensitive Person)でHSS(High Sensation Seeking)な中年男の自省録。※自虐ネタなのでHSPやエンパスに否定的な表現もありますが、HSP全体のことではなく、私個人の事ですのでご容赦ください。
自著の宣伝させてください
一昨年の7月、ブログを長期に休止して、本の原稿を作っていました。

本当は昨年の秋に出版されるはずでした。しかし出版社の事情で保留に、しかも連絡もプッツリ途絶えて…。

もう出版されないかなぁ~(T.T )と正直あきらめていたのですが…今月末に急きょ出版されることになりました。
昨日、印刷所に最終データを渡したので、恐らく出版されるはず(長く待たされたので心配です)。

一時は
「もうお蔵入りだぁ! ボツなんだぁ! 自費出版するか!?」
と、少々クサっていたのですが、前著の苑田さんや退社された当時の編集者の温かいお言葉に気持ちを支えられて来ました。
またこのひと月、ブックデザイナーや出版社の営業や印刷所の方が何とか売れる本にしようと頑張ってくださり、申し訳ない気持ちでいっぱいです。みなさん、ありがとうございます。

内容は…HSP的な日常を書いた4コマ漫画&エッセイです。
(巻頭30ページはカラーです(^.^) )

マンガも文もブログの編集ではなく新たに書きおこしました(2つ位はブログのマンガも入っていますが…)。

学術的な話ではなく、私の実感から考えるHSP観をつづっています。
情けない話ばかり書いている脱力系の本かも。

気楽に読めるHSPの本として楽しんでもらいたいです。
お気が向きましたらご注文ください<(_ _)>

そして、アマゾンのレビューでは絶賛のステマを…というのはウソです。正直な感想をお願いします。何を言われても受け止める覚悟です(゚ペ;)

[2017/06/17 12:04] | ザ ダークサイド オブ 「敏感にもほどがある」 | トラックバック(0) | コメント(23) |
<<犬型社会に暮らすネコ | ホーム | 押しボタン信号機>>
コメント
今までコメントしたことは無かったですがいつもチェックさせていただいてます(^^)
自分の周りにはあまりHSPをしっかりと理解してくれる人はいないので、いつも自分が周りに合わせているような気がしていますけど、こちらのブログで自分によく似た人がこの世の中にちゃんと居ると思えると安心できます🙏今の自分はあまりお金がないですけど(>_<)バイト代が入ったらすぐに購入させて頂きます。これからも陰ながら応援しています(_ _)
[2017/06/17 22:48] URL | K tak2013 #PyYLoEIg [ 編集 ]
こんにちは。いつも楽しくブログ読ませてもらってます。
カフェメリッサで少しお話させていただいたことがある者です(笑)
本、さっそく予約注文しました。楽しみです(^^)
[2017/06/17 23:33] URL | オレンジ色 #Tr882bDw [ 編集 ]
K tak2013さんコメントありがとうございます。

HSPはコメントするにも気持ちのハードルがあるのに、温かい初コメント、感謝でいっぱいです。またこんなふうにブログを見てくださる方がいることに深く感慨しています。確かにHSP同士の交流はまだ少ないのかもしれません。ブログも更新していきますね。

渾敦
[2017/06/17 23:38] URL | #- [ 編集 ]
オレンジ色さんコメントありがとうございます。

4月末のカフェメリッサでお会いしたのですね。あの時は大勢のHSPがいて圧巻でした。
本のご注文ありがとうございます。お金に見合った本であって欲しいと切実に思います(^o^;)
ありがとうございました。

渾敦
[2017/06/18 00:08] URL | #- [ 編集 ]
昨日このブログにたどりつきましたmooと申します
早速本を予約させていただきました
自分と同じ種類のひとが少なからずいることが知ることができて安心しました^^
[2017/06/18 21:58] URL | moo #- [ 編集 ]
mooさんコメントありがとうございます。

昨日、初めて来ていただいたというのに本の予約までしてもらいとても感謝しています<(_ _)>
自分の書いた物を買っていただくというのは身の引きします思いがします。ありがとうございました。

渾敦
[2017/06/18 22:19] URL | #- [ 編集 ]
この度は本の出版おめでとうございます。
いつもブログを読みながら「HSPあるある」に共感したり、自分で言葉にしにくい(表現しにくい)と思っていたことが書いてあって氣づきを与えて頂いたり、楽しく読ませて頂いています。

最近は色んな方がHSP関連の本を出版されていて、HSPという概念が広まっていることを嬉しく思うと同時に、いつも感じていることがありました。
HSP関連の本はどれも専門的・論理的な内容で、ラフに薦められるものがない。
専門的・論理的な内容が駄目だとは思いません。
むしろ必要だと思います。
ただHSPの事を全く知らない人にHSP関連の本を薦めようと思った時に、薦めやすいのがないなと感じるのです。
それにこういった専門書を読むのは大抵興味・関心があるからで、カミングアウトしたくない時などに興味を持ったきっかけを聞かれたらものすごーく困ると思うと、なかなか薦めることが出来ないでいました。

漫画形式だと「こういう面白い漫画があるよ」と言うことも出来ますし、漫画を通して「こういう人もいるんだな」くらいでいいから、非HSPの人がHSPを知るきっかけにもなればと思います。

何人かHSPの友人がいるので薦めておきますね!(非HSPの人にもそれとなく広めておきます)
今から出版が待ち遠しいです。

[2017/06/18 22:25] URL | 萌木 #- [ 編集 ]
萌木さんコメントありがとございます。

いろんな方からコメントをいただいき、こんなにHSPの方々に見てもらっていたんだと驚いています。そして静だけどHSPのつながりって深くあるんだなぁと感じました。

私も、分かりにくいHSPが世の中に認識されればいいと願っています。

萌木さんにはHSPの友人が何人かいるのですね?
これまでHSPの友人を持つHSPは希有だと思っていたのですが、その話を聞いて時の変化と希望を感じます。

渾敦
[2017/06/18 22:51] URL | #- [ 編集 ]
出版おめでとうございます!
苑田さんの言葉は沁みそうです...(ブログを読んでるだけのものですが)
本楽しみに読ませて頂きます!
[2017/06/20 15:26] URL | おさら #- [ 編集 ]
おさらさんコメントありがとうございます。

印刷会社とのやりとりも終わり、出版されるんだろうなという気持ちにようやくなりました。待っていただいて本当にありがとうございます。何かが伝わる本であればいいなと心から願っています。

渾敦
[2017/06/20 16:00] URL | #- [ 編集 ]
作家としての、記念すべき第一作目の出版、本当におめでとうございます!
本日、書店で見て参りました。
苑田さんの本と仲良く隣り合わせに並んでいました。 HSP関連本にしては、なかなかインパクトのある表紙で、目立っていましたよ。
じっくりと中身拝見です。
[2017/07/04 19:44] URL | アコ #- [ 編集 ]
アコさんコメントありがとうございます。

そうですね。HSP本らしからぬ派手な表紙で、目立つかもしれません。表紙のデザインは私がした訳ではありませんが、変わっていて好きです。中身も表紙に負けないといいんですが。
ウチの近所の本屋では売っていないので実感がなかったのですが、置いてある本屋さんもあるんですね。

渾敦
[2017/07/04 21:56] URL | #- [ 編集 ]
初めてコメントさせて頂きます。TMと申します。
本のご出版おめでとうございます。
本を昨日都内の某百貨店内の書店にて購入し、精読ではありませんが一通り拝読いたしました。
ブロク同様気軽に読めて、しかも深い内容だと思います。
特に第三章の「ボクの対処法」の項が自分がしんどい時の参考になりそうだと思いました。

渾敦さんの家族を大切にされる想いも伝わってきました。家族と一緒に読むことが出来るHSP本は今まであまりなかったので、有難い本です。
取り急ぎ感想をまとめました。良い本をありがとうございました。
[2017/07/05 19:17] URL | TM #BSZF5S2U [ 編集 ]
TMさんコメントありがとうございます。

本、買っていただいてありがとうございます。
ご感想、胸に響きました。
今更ながら、自分の本を読んでくださるHSPがいらっしゃることに思いを深めています。

私の方こそ本当にありがとうございました。

渾敦
[2017/07/05 22:44] URL | #- [ 編集 ]
読了しました
あるあるが多くて楽しめました
職場については年上が多い方がうまくいくのは私も同じです
同年代と一緒だと常にどこか浮いてました
今の職場も馴染みきってるわけではないですが、mooは年代が離れているから話題等、合わない部分があって当然と思ってくれているところが楽ですね
HSPは同年代とは働かない方が良いのかもしれませんね
[2017/07/13 16:41] URL | moo #- [ 編集 ]
mooさんコメントありがとうございます。

感想とてもうれしかったです。
共感してもらえるところがあってよかった(^.^;)

私の知っているHSPは年齢も様々ですが、お互いに気にした事がないです。相手の年齢を気にしないところが年配の方に好感を持たれるのかもしれませんね。

渾敦
[2017/07/13 16:59] URL | #- [ 編集 ]
ペンネーム見て察していただければ幸いですが、離れ離れになった一卵性双生児、もしくはドッペルゲンガー発見した!!と錯覚するほどページページの一言一句に感情移入してしまいました。光るものがある、感受性が高すぎる、頭の回転が早すぎる、と高評価⁈⁈受けたかと思えば…その次の瞬間には…とりかえし付かないとんでもないことやらかしたりorz、hspの御多分の洩れず、adhdかなんかかと自己卑下しまくったり。変に希死念慮が沸いてきたり。hspの人生の先輩にいう事でもないですが、ゆる体操や身体意識理論の高岡英夫先生などの武術の達人レベルの著作、ワークショップ,hspの方々には身をもってオススメ致します。いい意味でほどほどにはまっていただければ幸いです。ありがとうございました。
[2017/07/28 19:49] URL | 泣いた赤鬼の友達 #- [ 編集 ]
渋谷駅の井の頭線行く廊下に、岡本太郎さんの明日への神話が展示されていて毎回毎回通るたびに感銘を受けるのですが、皆さんスーッと素通りされる…HSPからしたら不思議、不思議。
[2017/07/28 20:08] URL | 泣いた赤鬼の友達 #- [ 編集 ]
泣いた赤鬼の友達さんコメントありがとうございます。

10年前位迄は、岡本正剛先生に大東流を習ったり、演劇のワークショップに行ったりしていました。習い事は好きなのですが、ずっと生活に追われてなかなか一人での外出もままなりません(^.^;)
ただ月一回、月曜日の午前中ですが新宿スポーツセンターでHSP合気道なる自由練習会をやっています。入会も、参加義務も、会費も、上下関係もなく、HSPに楽な武道を模索して始めました(次回は変則的に8月12日(土)を予定しています)。
ご興味があればこのブログにご連絡を!

私も絵は好きなので、つい見てしまいます。特につらい時は絵っていいなぁと思います。

渾敦
[2017/07/28 20:57] URL | #- [ 編集 ]
神様に青鬼ポジション回されてる気がする。アイデア出して、調整して自己犠牲して身を引くみたいな。
岡本先生ですか?!いいな~、岡本先生の合気を高岡先生が実技付きで解説する動画、ユーチューブのあったんですが、きえちゃった。んですよねー。脱力リラックス大事なんですが、目上の人に見られながらだと偏桃体がレッドシグナル全開orz
[2017/07/28 21:50] URL | 泣いた赤鬼の友達 #- [ 編集 ]
泣いた赤鬼の友達さんコメントありがとうございます。

HSP合気道はまだ4回しかやっていませんし、いつまで続けられるか分かりませんが、気が向いたら遊びに来てください。

…というか、メンバーは私も含めて白帯だけなので、主に月曜日の午前中というとんでもない時間ですが、どなたか教えに来てください(^.^;)

入会とか無いので…1回だけでもOKですよ。

渾敦
[2017/07/29 17:12] URL | #- [ 編集 ]
https://www.youtube.com/watch?v=rc1p8K551j4
https://www.youtube.com/watch?v=GVYU3YyUVNc
https://www.youtube.com/watch?v=tP2-ZX9FrDM
ウオーミングアップ、クールダウンに。日ごろのリラックスに。https://www.youtube.com/watch?v=NRORn422zOY

達人に流派の垣根なし。
[2017/08/05 18:26] URL | aoooni #- [ 編集 ]
aoooni さんコメントありがとうございます。

達人に流派の垣根なし。…そう思います。流派の創始者がその流派で一番強いと思うので、結局、天才の我流が最強ということでしょうか。

渾敦
[2017/08/05 22:56] URL | #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://k0nt0n.blog.fc2.com/tb.php/179-43b50444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

渾敦(こんとん)

Author:渾敦(こんとん)
エンパス型のHSP
(highly sensitive person)
でHSS
(highly sensation seeking)
な中年男です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ようこそ