FC2ブログ
中年HSP記
エンパス型HSP(Highly Sensitive Person)でHSS(High Sensation Seeking)な中年男の自省録。※自虐ネタなのでHSPやエンパスに否定的な表現もありますが、HSP全体のことではなく、私個人の事ですのでご容赦ください。
苦労が顔にでない人々
苦労が顔にでない人々

 きちんとお話したのは女性のhspだけですが、hspの方はお会いすると、どういう訳かホワ~ンとしたムードの方が多いです。

 そして明るかったり、穏やかだったりします。

 男性のhspとお話したことはないのですが、お見かけした印象としてはどこか“憂い”が漂っていました。そういえば私も昔から人に「疲れた顔をしている」とか「大丈夫? 何か悩んでる?」と言われます。

 私は男性の方がhspとして生き辛いとは全く思いませんが、感受性に対する“耐性”は男性の方が弱いのかもしれません。

 ところで女性のhspの方はいろいろ話をうかがうと大変な苦労…もう試練としかいいようのない…をされてきている方が多いです。
 壮絶な親子関係、イジメ、DV被害、ストーキング被害、離婚、難病体験など、外見からは想像もできないような経験をしています。

 「結構大変でした…」と語っても穏やかな言い方と体験の壮絶さがつりあわず、現実の事のような気がしません。どこか他人事のように話されます。それも多分、経験したことのほんの一部しか語っていないのだと思います。

 相手の気持の負担にならないように気遣ってのことかもしれませんが、申し訳なさそうに語るのが、何とも健気です。

 非hspの方でたまに自分の苦労話を得々と語ったり、時には他人の苦労を自分の事のよう話す人もいますが、hspとは対称的です。

 hspの女性はちょっと…というか相当『おしん』だと思います。
[2013/12/13 12:00] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(14) |
<<ペース配分が難しい人 | ホーム | 今週はお休みします>>
コメント
確かに!
渾敦さんとお会いした去年は、まだどよーんとして
いましたからね。
きっと、今お会いすると、全く違ったわたしだと思います。
家庭環境が複雑な過去とか、さらっと話しているらしく、聞いている方々の方が悲しい顔をされているのはビックリですね。
他人から、自分がいかにつらかったのか、という事を知った時点で、かなり凄く辛かったんだろうな、と思います。
それも、HSPだからなのかな、と今回の記事で思いました。
わたしの場合、他者の言葉で自覚することが凄く多いですね。
変かも知れませんが汗
[2013/12/13 15:23] URL | かがみねこ #- [ 編集 ]
ねこさんコメントありがとうございます。

そうなんです。ねこさんに限らずhspの女性の方って、お会いすると皆さん“苦労したことがない”ような顔をしているんですよね。

…で、お話を聞くと考えられないような苦労をしている。

意識が不明瞭なのではなく、たぶん相手にネガティブな感情を伝えないように気をつけているような気がします。
[2013/12/13 16:21] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
確かにり自分のことを話すと「え~!?そんなこと・・」って驚かれる経験が多いです・・笑
(それがあるから余計に仲いい人にしか自分のことを話さないってのもありますね~)
それに周りに話しても仕方ないって思ってしまうのですよね~
ただ体をみてもらってる先生には、感情をみないようにしなきゃ耐えられなかったから他人事のように話す習性・わかるからこその瞬時のシャットアウト・それが人の3倍量のトラウマで体にでてる!なんて言われてます・・ややこしいです(汗)
[2013/12/13 22:48] URL | めい #- [ 編集 ]
めいさんコメントありがとうございます。

周りに話しても仕方ないっていう気持、よく分かります。何ででしょうね? こどもの頃から自分の話はどうも“伝わらない”と思うような経験を重ねているからでしょうか?

hspの方と話すと“分かって欲しい”という気持を感じません。やはりどこか諦めているのでしょうか? 

それとも自分の問題は自分で何とかするというのがhspの基本姿勢なのかもしれません。

それが経験によるものなのか、気質によるものなのかは分かりませんが…。

hspであるということはある面ではとても忍耐強さを要求されますね。
[2013/12/13 23:21] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
渾敦さん

やっと見つけました。理由らしきもの。
いつも人様のブログでいろいろ書かせてもらってすみませんが(笑)
(自分でブログが書けないから、その理由らしきものを知り、対策に結びつくヒントでも書かせてもらえないかな~なんて、毎度お邪魔させてもらってます。)

HSPの研究者が口を揃えて語るのが、HSPの多くは幼少期に過酷な体験をしてきているということ。もともと持っている気質要因に、その環境要因が加わって、生き延びるための感度の高さを磨き上げてきたそうです。

だから、HSPには「愛着障害(岡田尊司、2011)」の傾向があるのではないかと思っています。愛着障害とは、人格形成の土台となる時期に、適切な愛情環境、養育環境になかったために、愛着の安定性や様式に歪みが生じてしまうことです。

愛着障害をもつ人には、人に気ばかり使ってしまったり、自分をさらけ出すことに臆病になってしまったり、人と交わることを心から楽しめなかったり、本心を抑えてでも相手にあわせてしまったり、いつも醒めていて、何事にも本気になれなかったり、拒否されたり傷つくことに敏感になってしまったり、損だとわかっていても、なぜか意地をはってしまったり、さらには様々な精神的トラブルを引き起こしたりするといった面がみられることがあるようです。

一口に愛着障害といっても、その中でも様々なタイプが存在すると、「愛着障害(岡田尊司、2011)、光文社新書」には書いてありました。

あるタイプは、ネガティブな体験の想起にたいして、強い防衛が働くそうです。傷ついた体験に向かい合うのを無意識に避けようとするため、悲惨な体験をあまり口にすることもないし、あったとしても強い感情を伴いにくいとか。

またあるタイプは、惨めで不安定な生活とは裏腹に、周りから明るく社交的と思われるような振る舞いを自然としてしまうのだそうです。無意識に演じることが身についてしまっているタイプだそうです。HSPの本にも、HSPにはカメレオンのようなところがあると書かれていました。周りに合わせたり、演じたりできるのだが、それはあまりにも自然で本人にすらその意識がないということです。

私個人は、小さい頃の記憶があまりありません。で、ヒプノを少し体験して、自己流で昔に戻ってみたら、すっかり忘れてたことを色々思い出しました。記憶に蓋をして、感情と共に封印し、ラベリングだけしてその表面だけ記憶に残しているのかな、と感じたくらいです。

結論から言うと、生々しい部分を封印することで、無意識のうちに身を守っているのかもしれませんね。だけどそれが心の奥にあるうちは、原因不明の病気や神経症などとして噴出してくる可能性があるのかも。

病気などで苦しんでおられる場合は、対処法が必要になってくるかもしれません。その場合、「自分の本当の感情を感じる」とか「トラウマ治療」とかあると思うので、自分にあったものを探していく過程で、徐々に自分流の対処の仕方がみつかるんではないかと思います。まずは知ること。そして動くこと。

ああ、また長々と大げさに書きましたがな、すんません。
[2013/12/15 12:12] URL | おひさま #- [ 編集 ]
渾敦さん、こんにちは。
私も学生のころに、「あまり悩みがなさそう。」「辛い経験したことないでしょう?」と言われたことがあり、とてもビックリしました。
自分では、かなり「うまくいかない人生」を歩んでいて、デコボコが多すぎると思っていたので。
確かに、ほとんどの人にはそういう体験を話したことがないですね。相手がどう思うかも気になりますが、言っても理解してもらえない、という思いが強いです。
カウンセリングを受けたこともありますが、カウンセラーにさえ理解してもらえなかった経験があり、更にその思いに拍車をかけてしまったかもしれません。
[2013/12/15 14:29] URL | あずみ #HlYXEWHA [ 編集 ]
おひさまさんコメントありがとうございます。

そうですね、実際私が知っているHSPの方の何人かは、幼少期に過酷な体験をされています。

大人の世界と同じで、子供の世界でもHSPは弱い立場に立つ事が多いのでしょうか?

それに割合良い親に養育されても、愛情が自分の求めるものとズレていると、子供は心に傷を負うこともあるのかもしれませんね。

幼少期の問題はHSPが取り組むべきテーマのひとつだと思います。

[2013/12/15 16:14] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
あずみさんコメントありがとうございます。

やはりそうですか? どうしてHSPは印象として苦労が表面化しないのでしょうね?

話しても理解してもらえないという思いはよく分かります。

私もほとんど人にネガティブな経験を話しません。仕方なく話すときも、他人の話をしているような感じで自分の事を話してしまいます。HSPならではのクセなのかもしれませんね。

カウンセラーやセラピストの感情が分かってしまい「この話は受け入れられないんだな」と感じたことは私にも何度かあります。

普通の人の感覚からは変な事を…と思われるかもしれませんが、やはり“基本的に話は伝わらないもの”という実感はあります。
[2013/12/15 16:28] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
渾敦様

いつも分かりやすい漫画をありがとうございます。
昨日HSPの女性とお話ししましたが、HSP同士ということで初対面でもすぐに打ち解け、過去の深い経験もお話してくださいました。

それは私の経験とは比べ物にならないくらい壮絶でしたが、悲壮感漂うものではなく、淡々と笑顔でした。
そして、今日渾敦さまのブログを見て、答えをいただいた気がしました。
私も過去の経験を話すときは。。。面白おかしく笑いながら話してます。「そんなことがあったとは思えない」と言われますが、私が笑って話すので、「そんなに大変そうじゃないな」という内心が伝わってきます。

これからも応援しています。
私は、映画やドラマだと演者の本音が伝わり、ストーリーに集中できません。漫画はダイレクトに刺さってくるので好きなんです。
渾敦さんの漫画大好きです。

最近HSPのことを知った友人たちに、こちらのブログを紹介させてくださいね。

いつもありがとうございます。
[2013/12/16 08:16] URL | よしだあつみ #k5VzrzQc [ 編集 ]
よしだあつみさんコメントありがとうございます。

HSPの方と会っていらっしゃるのですね。すばらしいです。私ももっとHSPと会う機会を持ちたいのですが、なかなか家から出られずにいます。

HSPは本当に大変な苦労をされてきた方がいらっしゃいますよね。
ただ、ズトンと気が滅入ることがなくさらさらと話が聞けてしまうのは、HSPが重い感情を出さないからなんでしょうね。

HSPでマンガやアニメが好きな方が結構いらっしゃいますが、生身の人間を見るよりも楽なのかもしれません。
また、どこかに童心を持っていることもあると思います。

あたたかい応援のコメント、うれしいです。ありがとうございました。
[2013/12/16 13:59] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
渾敦さん 私も営業職の時に、お客のおばちゃんから「あなたは、ボンボン育ちみたいね、全然苦労して育ってないでしょう?」 「わたしの感は、間違いないから」 よく私の素性がわかるもんだな、と思いましたが(ー_ー)!!
わかってもらえない苦労はしてるんですけど(+_+)

HSPのブログ、サイトを検索してて、HSP/HSS エンパスの女性がマインドブロックバスター(略してMBB)という潜在意識系のセラピーを受け HSP/HSS エンパスをコントロールできるようになって楽になった記事ありました。

MBBのセラピーを受けて、楽になれるならいいな、受けてみようかなと、思ってますが
[2013/12/17 21:29] URL | みらくるやん #NZ3pg1Os [ 編集 ]
みらくるやんコメントありがとうございます。

非HSPにはHSPの苦労は理解できないようです。こんな事があったと言っても、不思議と相手の記憶に残らなかったりする事もあります。理由は分かりませんが…何かが違うのでしょうね。

マインドブロックバスターのことは知りませんでした。…なので良し悪しは分かりません。常識的な料金なら試してもいいかもしれませんが…自分で受けたこともないので…評価し難いです。

もしセラビーを受けられて良かったら教えてください。

エンパスをコントロールする方法を書いた本はいくつかありますが、スピリチュアル寄りでその仕組みも明らかではない気がします。

科学的・社会的な評価にたえるコントロール方法がみつかれば…と私も願います。
[2013/12/18 11:16] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
私はよく不思議ちゃんと言われるのですが、やはりそれもhspであることに関係はあるのでしょうか。
ふわふわ、ふわふわしてるとよく形容されます。この記事と、コメントを見て私と同じような人がいるんだと安心しました。ありがとうございます。
[2014/01/24 22:41] URL | あまに #- [ 編集 ]
あまにさんコメントありがとうございます。

HSPは結構現実的な事に気を遣っているのにもかかわらず、確かに浮世離れしたような印象があります。

多分、何を気にするかが非HSPとは違っているので、“何も考えてない、何も気にしてない”ように見えてしまうのでしょうね。

他人とに境界が弱いこともあって、強い自我が無くふわふわした輪郭の曖昧な印象になるのかもしれません。
[2014/01/25 10:40] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://k0nt0n.blog.fc2.com/tb.php/145-8b6dd765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

渾敦(こんとん)

Author:渾敦(こんとん)
エンパス型のHSP
(highly sensitive person)
でHSS
(highly sensation seeking)
な中年男です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ようこそ