FC2ブログ
中年HSP記
エンパス型HSP(Highly Sensitive Person)でHSS(High Sensation Seeking)な中年男の自省録。※自虐ネタなのでHSPやエンパスに否定的な表現もありますが、HSP全体のことではなく、私個人の事ですのでご容赦ください。
違和感が気になる人
違和感が気になる人

ある種の言動がなぜかとっても気になる事があります。

何でもかんでも気になる訳ではないのです。

例えば意味深な言動を全く気にしない自分もいたりします。
「そう言われてナゼを気にしないのか?」と奥さんから呆れられることも…。

何か気になるツボみたいなものがあるのかもしれません。

不愉快な事を言われたから…というだけでもないようです。例え不愉快の言動があっても、その文脈やその人の性格と辻褄が合っていれば、そんなには気にならなかったりするからです。

…ただ、最近ちょっと言動がキツクなったような気がする…とか、意外にちょっと荒れている感じがする…とかは結構気になります。

気になるのは人や集団の意外な側面、隠された何かを感じさせる違和感、あるいは人や集団が変質する予兆なのかもしれません。

この感覚は非hspに言っても伝わりません。「ちっとも変じゃないよ」とけげんな顔をされてしまいます。

今までは単にナィーブなだけかと思っていましたが…もしかするとそれは変化を嗅ぎ取るhspの生態的特性なのかもしれないと…ちょっと思います。

生物として自己防衛、集団防衛に必要な本能なのかもしれません。
[2013/10/25 12:01] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(10) |
<<想像力が暴走する人 | ホーム | 霊感hsp ミコさん1>>
コメント
よくぞ的確に言い表してくれましたね~(^^)
人には気にもならない些細なことが気になって、どうこう分析したり考え込んだりするのは、自分の悪い癖だと思ってました。でも生存戦略として持って生まれた気質によるものなら、上手に付き合えばきっといいだけですよね。

体が変化していく過程で、3人の師に師事したんですが、2人目の師に違和感を感じて終わりにしたいと告げた途端、怖い目に合いました。3人目の師は今も師事してますが、その師のもとにおられたある方からメールをもらうと、いつからか痛みが来るようになりました。母に打ち明けると、あんないい方に失礼だ、と諭されましたが、数年後、その方は師から破門され、素性が明らかに。

あらら、ネガテイブな話ばっかりになりましたね。渾敦さんの意図は、ネガテイブだけではなく全般において、だとちゃんと理解してますからね。ただ、HSPには厳しい幼少期を過ごしてきたことから、ネガテイブに対する異常なまでの察知能力を磨いてきた点はあるようです。

イラストの「考える人」、個人的にはお気に入りです(^^)本が4980円で出せるそうです。
http://myisbn.jp/books
是非検討して頂きたい!


[2013/10/25 13:06] URL | おひさま #- [ 編集 ]
おひさまさんコメントありがとうございます。

生存本能や危機回避の能力なので、自ずとネガティブな出来事に反応するのだと思います。

考えても結局答えはでないのですけれども、考える事でその人や集団に対する感受性を研ぎ澄ましているのかもしれませんね(…ちょっと手前勝手な解釈かもしれませんが)。

MyISBN面白そうですね。費用も安いし出版権も発生しないとのことなのでリスクは低そうですね。

出来たばかりのようだから面倒もよく見てくれるかもしれません。

いいかも…です。少しずつ具体化するといいですね。
[2013/10/25 15:57] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
渾敦さん、こんばんは!
いつも納得してしまう楽しいマンガをありがとうございます。
昨日、まさにある人の言動が気になり、今日もずっとそのことを考えて頭から離れないという面倒くさいことに見舞われていました。
私はひとりでしまっておけず、非hspの友達に相談したのですが、
友達はどうしてそこにこだわるのか理解できないようでした。
でも話すことで頭の中の整理ができ、渾敦さんのおっしゃった
「人や集団の意外な側面、隠された何かを感じさせる違和感、
あるいは人や集団が変質する予兆」というようなものをまさに感じました。
それはネガティブに変わる予兆のようなものを
私が感じているのではないかと思いました。
だからといって私に何か出来るというわけではないのですが・・・
少なくとも私が何かの危機から身心を守ることはできそうです。

いつも渾敦さんの言葉は痒いところに手が届くように的確です。
そう考えるのは私だけじゃないんだという安心感を与えてくれます。
本を出版してどうぞ形にしてください。
楽しみにしています。

[2013/10/25 20:04] URL | remi #- [ 編集 ]
remiさんコメントありがとうございます。

ちょうどタイムリーな記事になって、私も嬉しいです。

やっぱりそういう事ってありますよね。人に理解してもらえないし、こちらも説明できないのが歯がゆいです。…やはり感性の問題なのでしょうね。

コメントをいただいて、hspは急激な変化に弱いので、予兆を感じて心や体の準備をするのかもしれないと思いました。

非hspの感性で作られた社会の中では、hspが何かを感じ取っても問題が決定的に表面化するまで何もできないのが残念です。

…前のコメントは、このブログを出版するという話ではなく、hsp研究をされている方と共同作業としての構想です。いずれにしてもhspの活動が広がればいいなぁと思っています。
[2013/10/26 10:38] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
そんなこときにしていても、仕方ない

そう、一言で片付けられてしまうと、こちらはなにも言えないですよね。

わたしは、一番近い感情を納得できるまで探したり、似たような小説の作品を探してみると、目から鱗が落ちます。

急ぎの場合は後回しですが、納得できる言葉を探してもいいかとおもいます。
[2013/10/26 23:05] URL | かがみねこ #- [ 編集 ]
前回の話なんですが、HSP研究家のひとりDavid Rithchey さんの本(彼はHSPをASPと呼ぶ)にASP尺度ってのがあります。

200項目もある気質テストなので、広まりはしてないんですが、その中にこんな項目がありました。

174 電気的な念力の体験がある(身体を使わずに、電気もしくは電子機器に影響を与える。例えば、灯りをつけたり消したり、時計や計算機、コンピューターなどの不調を引き起こす)。

HSPの特徴の一つとして、研究者に認識されているんですね。

で、ここから妄想です。近未来にロボットと人間が闘うことになったら、HSPはロボットを故障に追い込める人類の救済者って立ち位置を確保するんでしょうね。ものすごい生存戦略!?(ターミネーター5の構想に使えないかな~。)

[2013/10/27 12:12] URL | おひさま #- [ 編集 ]
ねこさんコメントありがとうございます。

そうですね。納得できる言葉があるとモヤモヤした気持が晴れますよね。

社会学者の宮台真司は、子供のころから神秘体験があったり、インタビューする相手の感情を受けて落ち込んだりするようで、どうもhspなんじゃないかと私は勝手に思っているのですが、youtubeなんかで論説を聞く何となく納得しまいます(過激で独善的なことを言ったりもするので、非hssの方だと不快かもしれません)。

ねこさんの言うように、自分にあった小説や論客を探すのはいいかもしれませんね。
[2013/10/27 15:25] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
おひさまさんコメントありがとうございます。

hspの電気的な影響力って実はいろいろなところで観察されているんですね。

hsp的な研究っていろんなところであるのに、不思議と表面化したり広がったりしませんね。何か訳があるのでしょうか?

hspっていろいろ特性を研究すると物語のキャラクターが作れそうですね。ドラマを作る際、おひさまさんはhspに関する考証ができると思います。もし私がhspのストーリーマンガか小説を書くようなことになったら、ぜひご協力ください。
[2013/10/27 16:01] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
渾敦さん、こんにちは。
私もよく、人の言葉や言動について、考え続けてしまいます。
私は、些細な変化より、「ズレ」が気になってしまうようです。
前と言っていることが違うとか、周りとその人の話しているちょっとした意味のズレとか、本人同士は気づいてなくても、私だけが気になるみたいです。

自分が不快な言動をされた時には、相手を責めるより前に、どうしてそんなことを言ってしまうのか?と相手側の「理由」探しに没頭してしまいます。
結局答えは分からないですし、本人に聞くこともないのですが・・。確かに不毛な時間ですが、ついやってしまいますね。
[2013/10/29 13:37] URL | あずみ #HlYXEWHA [ 編集 ]
あずみさんコメントありがとうございます。

どうもhspにはひどく変な感じのするズレが、非hspにはなんでもないようです。非hspにその事を指摘しても適当に辻褄を合わせて平気な顔をされることがしばしばあります。

最近「あ~世の中それでいいんだぁ~。変わってるのは俺のほうなんだぁ~」と思ったりもします。

私はいい歳で、決して天真爛漫ではないのですが、どこか「みんな本当はいい人」的な思いがあるようです。なのでその性善説的な人間観が揺らぐような言動を聞くと動揺してしまう・・・という事があり、単純に相手が悪いと言って片付けられず、何か理由があると考えてしまうようです。
[2013/10/29 21:24] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://k0nt0n.blog.fc2.com/tb.php/138-84cea9b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

渾敦(こんとん)

Author:渾敦(こんとん)
エンパス型のHSP
(highly sensitive person)
でHSS
(highly sensation seeking)
な中年男です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ようこそ