中年HSP記
エンパス型HSP(Highly Sensitive Person)でHSS(High Sensation Seeking)な中年男の自省録。※自虐ネタなのでHSPやエンパスに否定的な表現もありますが、HSP全体のことではなく、私個人の事ですのでご容赦ください。
霊感hsp ミコさん1
霊感hsp

それ程多くのhspの方にお会いした訳ではありませんが、そのうち3名の方は霊感タイプ又はその素質を持っていらっしゃいました。hspの中でも霊感タイプの方は少なからずいらっしゃるような気がします。

そういえば昔、幽霊が見えるという友達が「幽霊を見るのが恐いって人には見えないよ」と言っていました。

私はこどもの頃から幽霊見るのはとっても恐いと思っているので、無意識に見えないようにしているのかもしれません。

幽霊が見える人は、よく「普通の人と変わらないので、区別がつかない」などと言いますから、そんなおどろおどろしいものではないのかもしれませんが…。

私自身は霊感タイプではないのですが、祖祖父まで遡れば審神者(さにわ)をしていたらしい(母親談)ので、いくらかその素質はあるのかもしれません。

まあ二~三世代昔には霊能者や巫女は結構いたのでしょう。日本の近代化や経済成長の中でそういった人たちは“いなかった”ことにされてしまっていたのだと思います。

そして孫や曾孫にその遺伝子が開花してしてしまい、何の情報もないまま霊感hspは自分の感覚に振り回されてしまい社会から孤立する…と、ハイパーコンサルティングのすどう氏は話されていました。

ところで霊感hspの方お二人から「よく電化製品が壊れる」と聞きました。

これもすどう氏のお話ですが、カウンセリングに来られる霊感hspの方は職場でコピー機やレジスタを壊してしまうので働きにくいことがあるようです。

余談ですが、合気道の創始者、植芝盛平は「…人一倍感覚が鋭く、電気を非常に感じられ、いやがられました。(塩田剛三)」で、JRには乗らず遠回りしても電力の弱い都電を使ったそうです。植芝盛平と言えば「神が紫の煙になって体に入ってきた」なんて言ったりするほど神懸かった武術家ですから、やはり電気と霊感には関連がありそうです。

霊感hspの方は信じられない位に体調を悪くすることも多いのですが、いろいろな苦労を乗り越えているせいか、あるいは行者のような気質を受け継いでいるのか、苦労や体調不良に対する耐性が高く、とっても頑張る方が多いように見受けられます。

そしてそのご苦労の中で自分なりの“感受性オフ”の仕方を身につけているようです。

そのような技法や心構えを体系化し、社会適応のマニュアルを作って、苦しむ霊感hspに伝えてもらえたらなぁと思います。
[2013/10/18 12:00] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(17) |
<<違和感が気になる人 | ホーム | エンパスパイ15>>
コメント
まるで応援メッセージのように心に響きました!行者気質だから耐性がある、という部分に至っては、自分の中の誰かが「よく分かってくれた!」と快哉を叫んでいるかのような気分になりました。一瞬。

体調を壊す理由の一つに、「さまざまな不調を経験することで、その対処法を一つ一つ身につけている」という説があります。シャーマンとしての資質開花の準備、ってところでしょうか。

私も霊が怖くてしかたない方で、見えないのですが、匂いと触感(触られる)でいるんだなと判断します。1年まとわりつかれた時はノイローゼになりそうでした。最後は口汚くののしり「迷惑じゃ、去れ」と怒鳴ってやっと離れてもらいました。後で報復されましたが(怖)。霊感体質は本気で命がけで相手に対峙していく必要があるので、もともとあったのかもしれない行者気質がさらに養われるのではないかと思っています。

で、今師に指導されているのが、意識を研ぎ澄まし、何事をも深く追求する気質から生まれる角ばったような部分を、もっともっとまるくやわらかいものにしていきなさい、ということ。
丸くなればひっかかる部分も減るからね、ですって。道のりはまだまだ長いようです。

「だんな様は霊能者」って本がありましたが、江原さんだけでなく、一般の人にも結構いるんだよねってことを、こういうやわらかくて少しコミカルなイラストで紹介してもらえたら、認知も広まるし受け入れしてもらえやすくなるのかな、なんて思っちゃいました。

有難うございます!
[2013/10/19 10:24] URL | おひさま #- [ 編集 ]
最近は減ったものの、体調を崩しまくり……

更には人に酔い
地下鉄は圧迫されつつ、息苦しい汗

機械は壊れませんが、
タッチパネルの反応が悪い時もしばしば。

更に、
夏でも静電気で痛い汗

確かに、辛いことばかりでしたので、自分から何もしない人を見ると、
気分悪いですね。

オパ整体をしてくださったり、チャネリングされる方にも、敏感すぎる体質と認めないと、体に悪い、と言われるくらいですし汗

そうそう、
スイッチかはわからないですが、

自ら立ちきる
自らバイバイ!

と、思うだけで楽になりますよ。
[2013/10/19 21:08] URL | かがみねこ #- [ 編集 ]
おひさまさんコメントありがとうございます。

おひさまさんのように霊感体質を科学的に研究されている方は稀有だと思います。

きっと多くいる霊感hspの助けになると思います。

心霊体験をすると、多くの人は自分で問題を抱え込んだり、多額の費用を請求する怪しい霊能者にすがってしまったりしてしまいます。

だから科学的…とまでは行かなくても、自分の間違いを認めたり検証できる程度の客観性を持った研究は公益に値するものだと思います。

これからも頑張ってください。
[2013/10/19 22:06] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
ねこさんコメントありがとうございます。

霊感hspの方は特別なレベルの“意思”の強さがあるような気がします。

それは長年の心身の苦労によって培われたものなのかもしれません。

苦しいから頑張れる…ということもあるのかもしれませんが、安らぎの訪れを心からお祈りします。
[2013/10/19 22:44] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
充分、楽しく過ごしていますよ★

やりたいことをやっているので。

自分ありき、ですね。
[2013/10/20 08:53] URL | かがみねこ #- [ 編集 ]
ホントこのまんま・・私も怖がりなので、見えなくても気配はわかる。気にしないふりだと調子にのって入ろうとしてくるやつとか!「帰れ!」で今はある程度しのげますが・・体調不良はありますね~。
しかもその調子が悪い時の電気機器の壊れやすさったらないです。ひどいとき、一年でPC2台、CDプレーヤー、携帯ダメになりました・・汗
まず体質を認めることですかね~・・
[2013/10/20 09:43] URL | めい #- [ 編集 ]
追加で書かせて下さいね。

電磁波にも敏感な体質には、それなりの理由があるようで(下記ご参照ください)、それが分かっただけでも納得がいきました。なのでそれをシェアさせて下さいね。

とはいえ問題は対処法ですよね。
これだ!というものはまだ見つかっていないようです。他の方の対処法としては、
1 気持ちを落ち着かせてからPCや携帯を触る
2 なるべく電子機器とは距離をおく生活に改める
というものがありました。自分の体質を知り、受け入れた上で、電子機器と上手な付き合い方を模索する、もしくはつきあわないで済むようにする。そのどちらかしか見当たりません。

私は、電子機器に「ありがとう、頼むね」とか「今日は具合悪いけど、宜しくね」とか協力を仰ぐようにしました。で、理由もなく不調な時は、自分にとって今PCや携帯を使ってやろうとしていることは、必要ない、またはまだその時期ではないということを、PCや携帯が教えてくれているんだと考えを変えるようにしました。自分を守ってくれる親友として遇する感じです。妄想ですけどね。

すると、壊れた時に、身を呈して守ってくれてありがとう、という気持ちになれることもあり、ときどき彼らがいとおしくさえなります(笑)。

壊れた時の気持ちを落ち着ける手立てでしかありませんが、そこそこ効果があるので、ちょっと書かせて頂きました。

下記は卒論の一部です。長くなりますがご参照までに。
 電子機器を壊しやすい人の存在
 高感度タイプにはサイキック能力を持つ者もいるが、その中にはコンピューターなどの
電子機器を壊しやすい人がいる(Aron,2010;Jawer,2005;Napastec,2005;Ritchey,2003)。
理由はまだよくわかっていないのだが、何らかの原因で電気が一時的に身体にためこまれ、
その結果、電子機器に不具合をあたえてしまうほどの破壊的な潜在力を持つことがあるの
ではないかと考えられる(Ritchey,2003)。
 携帯電話からの電磁波測定システムを開発した吉本によれば、そもそも人体には強磁性
物質が存在し、これが磁気治療の効果や電磁波過敏症の原因となる可能性がある(吉本,
2004)。神経細胞では電気的な信号が神経線維を伝わっていくことが知られているが、
皮膚も情報を電位として伝えている可能性が示唆されている(山口,2010)。高敏感タイプ
はアレルギーを持つ者が多く、飲食物だけでなく、衣類の素材やクリーム類にも敏感だ。
これは皮膚という感覚器官の感度が高いため、悪素材や化学物質に敏感に反応し、身体を
守ろうとするため拒否反応を起こすものと推察される。筆者の仮説だが、電子機器を壊し
やすいのも同じ理由で、電磁波の影響を受けないようにするため生体が電子機器に何らか
の働きかけをおこした結果、壊れてしまうのではないだろうか。電磁波過敏症も同じこと
で、電磁波を知覚できるようになった個体が、心身の不調を感じることで電磁波から離れ
ざるを得なくなり、結果として生体を保護している可能性がある。
また、電磁波を受けると、神経放電を引き起こし、ニューロン集団が同期して活動電位
の群発を起こすこともあり、結果として、色々なストレッサーに対して過敏になる。大脳辺縁系は、電磁波放射を含む様々なストレッサーに対して、極めて敏感で、電磁波過敏により、ニューロンの同期が起こり、変性意識を起こすことがある。これが超越体験の原因だと考えられる(Ritchey,2003)。
[2013/10/20 11:13] URL | おひさま #- [ 編集 ]
おひさま さん
こんなにしっかりした情報いただき、ありがとうございます・・!今まで、自己流の対処法しかせず「どーしようもないか・・」くらいになってましたが、分かってもらえることが本当にありがたく感じます。確かに感情コントロールというか自分の体調を意識して機械たちに接するのは、効果あったような気がします・・。
[2013/10/20 21:00] URL | めい #- [ 編集 ]
ねこさんコメントありがとうございます。

そうですか、返ってうらやましいです。

安らぎを求めているのは多分私の方ですね。

私はいつも周囲に流されている感じがします。
[2013/10/21 10:25] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
めいさんコメントありがとうございます。

やはり電化製品に影響を及ぼすのですね。

その事を聞くのはめいさんで3人目です。

電化製品を壊してしまうというhspは意外と多いのかもしれません。

電化製品の影響を受けてしまうのも、それを壊してしまうのも生活していく上ではキツイですよね。
[2013/10/21 10:26] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
おひさまさんコメントありがとうございます。

おひさまさんの論文のこの箇所はこの前読ませていただいて、今回のマンガの素になりました。

電磁気の人体への健康被害はとりあげられていますし、電磁波過敏症という症例もあり霊感hspに限らない問題だと思います。

物理的な現象だけに、防磁エプロンとか、何か電磁気を中和する装置とか…なにか対応策がありそうな気がするのですが、まだはっきり効果が証明できるものはなさそうです。

今後、電磁波過敏症…増えていきそうな気がします。電磁波を発生させるもので世の中充満していますものね。
[2013/10/21 10:27] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
流されていることがイヤなのなら、改善する必要がありますが

イヤでなければ、きちんとそういう姿も自分、ということを認めること。

なんとも言えない自分も、自分。

否定していては、本当に自分がどうありたいか、が分からないです。

hspに限らず、皆、自分を否定しすぎ。

相手にも、こうこうしたい、ときちんと言えば理解してくれます。

やる前から、否定しても仕方ない。

やりたくないことをやる必要はないのです。

[2013/10/21 12:09] URL | かがみねこ #- [ 編集 ]
ねこさんコメントありがとうございます。

そうですね、今は流されている自分をありのままに自覚してみます。

そのうえで変えられるところを少しずつ変えていこうと思います。

きっと現状を変えられないと思うのも、自分の思い込みが大きいのかもしれませんね。

そんなふうに感じました。ありがとうございます。
[2013/10/22 14:02] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
変わりたいなら別なのですが

~しないといけない
という思い込みをはずさないと。

偉そうでなんですが

誰も渾敦さんを責めたりしていませんよね?

わたしも言われたことなのですが

~しないといけない
というのは、自ら進んでいるわけではないのです。

全部、自分が決めつけているのです。

例えば
渾敦さんが好きなケーキを初めに選びたいとしても、ご家族は反対しない。

でも、最初に選ぶ権利があるのに、キライなケーキを選んだら不満をいいませんか?

なぜなら、本心ではないから。

勿論、自分に嘘をつく必要がある時もあります。
できるだけ、自分が拒絶することをしない選択肢を選ぶと。

周りの意見を受け止めるのもいいですが、
自分がどうしたいか、が重要。

あからさまな迷惑ごと意外は、否定しませんよ。
[2013/10/22 16:19] URL | かがみねこ #- [ 編集 ]
ねこさんコメントありがとうございます。

そうですね。おっしゃること分かります。

私はいつからか「しなければいけない」的な思考に陥っているようです。

「したい」で行動するのが本当はいいのだと思いますが、自分の場合「したい」という気持は時間とともにブレが出てくるので、比較的安定している「しなければならない」に頼ってしまうのかもしれません。

私は不器用で、何かの成果を出すためには長期間の試行錯誤が必要なために、自分を律する枠が必要なんだと思います。

…なるほど、「したい」を「しなければならない」にすり替えているのかもしれません。今、そう思いました。

実は結構、したい事をしているのかもしれませんね。うちの奥さんは私のことをそう思っているようですし…。

でも「したい」ことをしているんだ…という方がやっぱり活動に広がりが出ていいですよね。
[2013/10/22 19:53] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
したいではなく
していた、とか
やっているとか

表現は色々ありますが……

やりたくないことは、
自然とやることはないですから。

反対に
やる必要があることは、
何度でもやってきます。

↑のことは、怖がっている、怖いと思っているかも?

答えはシンプルです。

やりたいことは、体調崩してもやりますから。

なので、
渾敦さんは変わりたいのか、変わる必要がある、と誰かに言われたのか。

この辺りでしょうか?
[2013/10/22 23:31] URL | かがみねこ #- [ 編集 ]
ねこさんコメントありがとうございます。

…深く考えさせられます。

多分、変わる必要があると言われているのだと思います。誰かという訳ではないのですが…社会的に…でしょうか。単に自分がいろいろな事を勝手に予測して、変わらなければならないだろうと思っているだけのことかもしれません。

まだ自分に対する自覚が足りませんね。じっくりと考えてみます。
[2013/10/24 09:55] URL | 渾敦 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://k0nt0n.blog.fc2.com/tb.php/137-1ece9644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

渾敦(こんとん)

Author:渾敦(こんとん)
エンパス型のHSP
(highly sensitive person)
でHSS
(highly sensation seeking)
な中年男です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ようこそ