中年HSP記
エンパス型HSP(Highly Sensitive Person)でHSS(High Sensation Seeking)な中年男の自省録。※自虐ネタなのでHSPやエンパスに否定的な表現もありますが、HSP全体のことではなく、私個人の事ですのでご容赦ください。
インディゴくん2
インディゴくん2


今回も趣味の世界を書いてしまいました。

時々人のつらい気持に同化してしまい、かえって相手に何も言葉をかけられないことがあります。何かを言ってあげなければならない状況なのに…何を言ってあげたらいいのか、全く頭に浮かびません。

フリーズ状態です。

相手の気持が分かるのに何も具体的な行動がとれない時…自分がとても情けないです。

言葉はある程度、感情に距離がないと出てこないのかもしれません。

皮肉なもので、気持が同化していない時の方がペラペラと話せます。相手がつらそうなフリをしているだけの場合とか…。

でもそれはhspだからじゃなくて、単に私のコミュニケーションのスキルが低いせいなのかも…。

本当になぐさめたい相手がいる時、せめてつらい気持を共感しているという事は伝わってほしい…お婆さんの言葉は、私のそんな願いです。

少し話が違いますが、小学生の長女は学校でバスケットボールをしています。練習はマジメにしていて、なかなか上手く、コーチに注意されることもほとんどありません。…がしかし試合になると異様に緊迫した雰囲気にのまれてしまい、何も出来なくなってしまいます。目はうつろで、完全に違う世界にイッちゃってます。

娘の試合に応援に行くと何だか自分を見ているようで、頑張ってほしいやらhspが遺伝したんじゃないかと申し訳ないやら、とても複雑な気持になります。

[2013/07/19 12:00] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<夏休みはバタバタ… | ホーム | インディゴくん1>>
コメント
痛みに寄りそうのって難しいですよね。どういう言葉かけならその方が慰められるのか、いろんな方がおられるから、考えに考えているうち、途方にくれてしまったり。言葉に置き換えようとしても、どれもが適切とは思えず、むしろ言葉に置き換えることで違うものになってしまうような感じがしてしまったり。気楽な感じで「大丈夫、大丈夫」と慰められて、上っ面な感じを受けたことを思い出すと、むしろ言葉にするのがよくないような気もしてみたり。勿論、こうした言葉すらも、渾敦さんの心とは、違っているのだと思います。

メールや手紙で、言葉は丁寧なのに、読んだ途端寝込むほどのダメージをうけてしまう場合がありました。逆に、何でもない会話で細胞が大喜びして鳥肌が立ってしまうこともありました。妄想かもしれませんが、もしかしたらHSPは言葉を介さないコミュニケーションを土台にしているのかもしれませんね。
[2013/07/19 16:28] URL | おひさま #- [ 編集 ]
おひさまさんコメントありがとうございます。

奥さんにも「繊細と言うけれど、むしろ鈍感そうで、時には無神経に見える」と言われます。

私は強い感情や深い感情に出会うと尻込みしてしまうのかもしれません。もしかするとそんなところが無神経に見えるんじゃないかと思います。

感受性の意味合いがhspと非hspでは違うような気がします。分かる人には説明不要、分からない人には説明不能な世界なのでどうしようもありません。

おひさまさんの言われる、言葉を介さないコミュニケーションというのは的を射ているというか、hspの本質をついているような気がします。
[2013/07/19 23:04] URL | 渾敦(こんとん) #- [ 編集 ]
漫画、メモリが重くて見れないのです(泣)

早く携帯を変えたいのですが、難しいです。

わたしも、身内にはかなりズバズバいうみたいですが、結局、体の中に悲しみや怒りの感情が残るのは、

変わりたいのに変われない



変化自体を求めていない

だと思います。

あとは、他人に期待してしまう。

実際に、hspの人が色々提案だのしても、良くも悪くも変わりたくない人には受け入れられない。

受け入れる、受け入れないは、助言した側の感情ではありません。

受け入れは、個人的感情で、提供側には関与する必要はありません。

hspは敏感故に、取捨選択や、白黒ハッキリさせたい(これはわたしだけかも)傾向にありますが、

受け入れは個人的自由、白黒もなく(むしろグレーオンリー)。

自分の感情と、他人の感情を間違いないようにした方が、体にはいいでしょう。
[2013/07/20 05:31] URL | 香美ねこ #- [ 編集 ]
渾敦さん、今回のマンガもとても共感できます。

私も、感情的になっている人に声をかけようと思っても、相手の気持ちにぴったりくる言葉が思いつかないです。
また、その人が声をかけてもらっても、慰められたり、何かが解決するわけではない・・と思ってしまうので、ますます言葉は出てこなくなります。
その人の気持ちにそぐわない言葉をかけるくらいなら、何も言わない方がいいかな、と思い、そのままにしてしまうことが多いです。
[2013/07/20 07:05] URL | あずみ #HlYXEWHA [ 編集 ]
ねこさんコメントありがとうございます。

そうですね。そもそもhspの言いたいことを非hspは理解できないようです。といって非hspが分かるように言い換えると、こちらの言いたいこととは微妙にズレてしまいます。

言いたいことは伝わらないし、意図しないところで誤解されるし…。

情報処理の仕方が違うんですね。そのことがようやく客観的に分かってきました。脳の使っている部分が違うんだなぁって。だからこれは脳の器質の問題で、どちらが悪いっていうんじゃないんだと…。

hspってコミュニケーションに関しては本当にストレスが溜まりますね。

もともとhspは自分と他人の感情をすり合わせながらコミュニケーションするタイプの人間なのだと思います。でも非hspに対しては、感情を同化させないでコミュニケーションしなければダメなんでしょうね。お互いのために…。

[2013/07/20 15:24] URL | 渾敦(こんとん) #- [ 編集 ]
あずみさんコメントありがとうございます。

私もあずみさんと同じように思ってしまいます。

相手の感情に同化してしまい、自分の立ち位地が分からなくなってしまうっていうのもあるのかもしれません。

相手の感情の複雑さが分かるから、自分がどう働きかけていいか分からなくなります。

私がhspとしての自分の性質を理解し、また非hspの性質を知ることができれば、自分として何ができるのか、何ができないのかも分かるようになるのかもしれません。そうすればいたずらに焦ったり、落ち込んだりしないで済むんじゃないかと思います。そうなりたいものです。
[2013/07/20 15:50] URL | 渾敦(こんとん) #- [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/07/20 23:20] | # [ 編集 ]
未公開コメントありがとうございます。

新しい職場では、周囲の人の関心も集め易く、気苦労が多いこととお察しします。

hspは働くことよりも、職場の空気に毒されることの方がはるかに心身の負担が大きく、何をしに職場に行っているのだろうと思うこともあると思います。

でも自覚したhspやエンパスとして、お勤めの中でバランスをとっていくことはとても意義のあることだと思います。がんばってください。ただ、ご自分は大切にしながら…。職場に身を置くこと自体、負担があると思うので無理をしないでと言えないのが悲しいですけど。

[2013/07/21 22:19] URL | 渾敦(こんとん) #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://k0nt0n.blog.fc2.com/tb.php/129-cd83ce2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

渾敦(こんとん)

Author:渾敦(こんとん)
エンパス型のHSP
(highly sensitive person)
でHSS
(highly sensation seeking)
な中年男です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ようこそ