中年HSP記
エンパス型HSP(Highly Sensitive Person)でHSS(High Sensation Seeking)な中年男の自省録。※自虐ネタなのでHSPやエンパスに否定的な表現もありますが、HSP全体のことではなく、私個人の事ですのでご容赦ください。
ソルジャ君2
ウチの奥さんだけかもしれませんが、会話の中で少しでも批判的なニュアンスを感じると、とても敏感に反応します。だから結構言葉遣いには気を遣います(奥さん自身は結構ぶっきらぼうなことを気兼ねなく言うので、不公平な気もしてますが…)。

それに感情的になると人の弱点をついてきます。別に悪気があって言ってる訳じゃないと、自分を正当化するのは小憎らしいのですが、上手に盾と矛を使っているその技術をホメるべきかもしれません。

また、同調的な行動を相手に求める傾向が非hspは強い気がします。すぐ裏切り者みたいに言われるのは閉口します。

例えば、奥さんがバラエティ番組を見ている時、私はバラエティ番組がそれほど好きではないので、その場で本を読もうとすると嫌がられます。一方、奥さんは食事中にひとり別室でインターネットをすることもあり、不公平感を感じます。

私はhspのせいか、一人っ子でAB型のせいか、よく同調的な行動ができない時があります。

人の顔色をうかがいながら不文律の規制を受けるのは結構苦痛です。以前、奥さんのいない時にカップアイスを買って食べたら、あとで責められました。

hspの方と交流していると、みなさん相手の自由や都合を最大限に尊重してくれるので、日頃たまった緊張がほぐれます。まるで生ぬるい鉱泉に使ったときのようにスーッて感じです。

でも最近、束縛の中に幸せを見つけることもあります。戒律の厳しいお寺に出家した僧侶のように、こまかな決まりごとの中で生活するのもそれなりに安らぎがあるのかもしれません。

それとも、プレッシャーの中で変態になってきたのでしょうか?
[2013/05/17 12:00] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(14) |
<<朝のテレビ | ホーム | タイトルなし>>
コメント
私はhspですが、よく人からクールな人だと言われます。
人を当てにしない人だとか。群れない人だとか。(育った家庭環境が寂しいかった)
確かにその通りだけど、クールと言われるのは少し心外なのです。
私は周りの人たちのことを気遣ってその人たちに何か問題がおきると、いち早く気づくし、
眠れないほど心配し、自分のことのように思って行動しているのに、
結果非hspの人がとても情に厚くやさしい人だと思われ私の話したことまで全部もっていって
ヒーロー扱いされます。
もうそいうことに慣れましたが、自分の不器用さや孤独感に時々、落ち込みます。
温かい家庭に育った非hspの方々をうらやましく思ったりします。
たぶん一生、私は損な役回りを演じて孤独に死んでいくのだろうなぁと思っています。
[2013/05/24 08:56] URL | remi #- [ 編集 ]
remiさんコメントありがとうございます。

私もあまり人を当てにしませんし、集団行動も苦手です。奥さんから冷たいとよく言われますし…。

非hspは全てではありませんが、集団行動も得意な割りに、仲間外れや分裂も多いように感じます。やさしさの“表現”も得意ですが、ちょっとしたことで人を責めたりつまはじきにすることもあります。だからそういう世界をうらやんでも、とうてい自分には渡り歩けそうにありません。

私には非hsp的な人間関係はとても窮屈に感じられます。彼らの連帯感は、hspが望むほど幸せなものでもないような気もします。

非hspがマジョリティの社会なのですから、問題があっても彼らは何とかやっていけると思います。悩みや苦しみの感情を発散していたとしても、非hspはhspよりも相当タフです。

社会的なことは良くも悪くも非hspが動かし、コントロールしていると思います。hspは非hspの問題に心を砕くよりも、hspなどのマイノリティが気持ちよく生きていくことに関心を持てはいいのではないかと思います。

それが結果的に非hspを含めた社会全体を自由でいいものにしていくのではないかと思うからです。
[2013/05/24 13:51] URL | 渾敦(こんとん) #- [ 編集 ]
こんとんさん、ありがとうござました。
本当にその通りですね。

私も自分に合った仕事を見つけ、その中でhsp、もしくはそれに近い方たちと出会い、
以前よりは楽に生きられるようになってきたのですが、
信じていた人がかなり強い非hspだったと知ってショックを受け、
自分から離れざるを得なくなったりすることがあって自信をなくしていました。
その人は私が離れる理由さえ理解していないと思います。私も本当のことは言わないので。
たぶん私のことを過敏で弱い人間だと思っているでしょう。
非hspの中ではその人はヒーローです。
タフで強く、転んでもただでは起きない人です。
羨ましいけど私には真似できないし、またその神経の太さは私にとって
ストレスになってしまうので離れるしかないと思いました。

離れると私の評価は自由勝手に書き換えられ
彼女の意のままに他の人に伝えられ悔しい気持ちにもなるけど、
このままストレスを感じながら、従属的でいることに耐えられなくなりました。

こんとんさんがおっしゃるように、、hspにとって集団行動は難しいですね。
人と比べす気持ちよく生きていけるように努力していきたいと思います。

ありがとうございました。
[2013/05/24 23:32] URL | remi #- [ 編集 ]
remiさんコメントありがとうございます。

そうですよ。非hspの生き方を望んでも仕方ありません。

もし非hsp的な“いい生き方”が実現してしまったら、多分hspはそれを楽しいとか、達成したとか思えないはずです。…かえって不安と束縛感とむなしさを感じるかもしれません。

hspの幸福は違うところにあるのだと思います。

私もhspらしい生き方を日々探しています。
[2013/05/25 13:16] URL | 渾敦(こんとん) #- [ 編集 ]
はじめまして、私も過敏さに悩む者でして、ブログを楽しく拝読しています。

今回のマンガ、記事ですが、奥様はひょっとしたらアスペルガーではありませんか?

私はアスペルガーの人との付き合いに悩まされたので、、書かれている特徴が似ているので、、、

ご不快な時は誠にすみません。

ではでは。
[2014/06/28 17:28] URL | まさと #RSphwmKY [ 編集 ]
まさとさんコメントありがとうございます。

何だか久々のコメントでとてもうれしいです。

実は必要性があってアスペルガー症候群の事は調べたことがあります。奥さんの場合、人の表情を読み取ることができるし、世間体も気にするので、恐らくアスペルガーではないような気がします。

…とは言え、どういう訳かHSPは面倒な人と付き合う事が多いような気がします。私の場合、人生を振り返ると、同じようなタイプの人がそばにいるようです。…そう、ものすごく気を遣うような人が・・・。

お互い気苦労が絶えませんね。

ところで、ブログって更新しないと自動的にコメントに承認が必要になるようです。コメントがすぐに表示されなくてごめんなさい。

渾敦
[2014/06/28 22:46] URL | #- [ 編集 ]
ソルジャ君がHSPを食いものにする時・・・。それは、おそらく、戦士同士の戦いで思うように戦果が挙がらなくなって疲弊しているとき・・・。

「あ~~~~、誰でもいいから勝ちてぇ~~~、こいつは、普段、敵じゃないけど襲ってやる!」と、ヴァンパイアソルジャ君に豹変、村人に突進して・・・。

レベルの高いHSPなら、即座にソルジャ君を癒すことができるかもしれないし、受け流せるかもしれない。

道は遠くてもがんばりましょう(笑)
[2016/01/21 11:47] URL | サトシ #- [ 編集 ]
サトシさんコメントありがとうございます。

かみつく相手に対しても事情をくみとろうとするのは、まさしくHSPらしい優しさですね。

その気持もわかります。

一時的に心がすさんでしまった相手なら癒すこともできるかもしれません。

ただ根の深いヴァンパイアを癒しきることはかなり困難です。その場その場をしのげても、彼らの本質は変りません。

むしろ人をヴァンパイアにしないように心配りするのがHSPの役割のひとつなのかもしれませんね。
[2016/01/22 13:26] URL | #- [ 編集 ]
はい、たぶんそうだと思います。気付いたんですが、我々に”気配り”とか”気遣い”って、必要ないですよね。
普段から気を配って配りすぎて、略奪までされてる人間が、
「気配りしろ」
とか言われてもピンとこない。
「こんなに気ィ遣ってんのに!!」
とか言ってくる人間がよくわからない。オイ、それ、違うだろう、と。
「気配り」も「気遣い」も非HSPが振り回す武器なんじゃないかと思ってしまう。
同じように「感謝」とかも武器にされやすい気がする・・・。要注意ですね。
[2016/01/27 11:25] URL | サトシ #- [ 編集 ]
サトシさんコメントありがとうございます。

言葉を武器として、あるいは人を使う道具にしている人っていますね。
自分が言われて嫌なことを人に言うって…まあ、それだけ自他の境界が厚いのだと思います。とてもマネはできませんが、そういう言葉に振り回されないようにはなりたいです。

渾敦
[2016/01/29 00:52] URL | #- [ 編集 ]
僕の兄が顔だけソルジャ君みたいな人でした。ぜんぜんタフで強いほうではない、でもこちらの感情がぜんぜん通じない。どうも人の感情の受信が極端に苦手らしい。頭だけ視界や聴覚に制限がはいるヘルメットをかぶせられてるような。

ま、感情の質が違うといえばそれまでですが、小さいころはずいぶん苦労させられました。学校ではうまくやれていないみたいだし、兄のプライドを守りつつ世話係に徹するというのが二重に気疲れしてしんどかったです。学校で受けた仕打ちを僕にやりかえしているととれることもあったし。

兄との関係は、幼少期のちょっとした?暗黒体験でしたね、暴力もあったし。でも自分がいてやらなかったら兄のほうが壊れてしまうんじゃないか、ということも子供心にわかっていたんだろうな。
そういう体験が自分のこういう性質に磨きをかけてしまったのは確かだと思います。

以上です。ありがとうございました。
[2017/01/06 15:09] URL | 顔だけソルジャ君の弟 #- [ 編集 ]
顔だけソルジャ君の弟さんコメントありがとうございます。

私は一人っ子なので分かりませんが、ウチの子ども達を見ていると、やはりHSPの子は苦労を背負ってしまいがちです。子どもらしい残酷さにブレーキをかけてしまうので、他の兄弟からは舐められがちです。同時に頼られて…というか甘えられてしまうところもあります(かわいそうです)。

そんな姿を見ているので、顔だけソルジャ君の弟さんの立場を少しは理解できます。

HSPの子は、家族関係を学校でも再現してしまいます。子どもらしい快活さに欠けるのは、エネルギーを吸い取られているからなのでしょうか?

HSPはまず家族関係を克服しないといけないのかもしれませんね。

渾敦
[2017/01/06 19:13] URL | #- [ 編集 ]
お返事ありがとうございます。同級生の友達よりも兄優先で、ほぼ付きっきり状態といいたかったですね。逆に僕のほうが兄に甘えてる・・・みたいにされていたところもあります。感情面でもHSPは先を行く、というやつでしょうか。「こうされれば嫌なんだよ・・・」ということが兄(だけでなく同級生達にも)よくわからなかったことがいろいろあったみたいで僕が身を持って教えてあげなくてはなりませんでした(教える手段としては泣く、が多かったですね、兄に対しては・・・同級生に対しては不快な空気?を出してみせる、とか・・・スイマセンわかりづらくて)

まあ、僕の長年のケアが良かった(と、ひそかに思っていてもいいですよね)のか、兄は今では、まあまあいい感じの人間になってます。あとは自分のことですね、後回しにしすぎました。運命的にも、後回しにせざるを得ない状況がそろっていたのかもしれません。引き続きやることをやっていきたいと思います。
[2017/01/14 11:42] URL | 顔だけソルジャ君の弟 #- [ 編集 ]
顔だけソルジャ君の弟さんコメントありがとうございます。

HSPの気配りや相手に対する示唆は、非HSPにはほとんど伝わりません。逆に言えば、そういった努力をしなくて、責められる事もないと思います。初めのうちは違和感を持たれたとしても、何が起きたのかは理解されないからです。

家族に費やしてきたエネルギーを自分の為に使って、日々の生活を消耗無く送っていただきたいです。

少し時間がかかっても、きっとできると思います。

渾敦
[2017/01/14 21:51] URL | #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://k0nt0n.blog.fc2.com/tb.php/119-ff3488b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

渾敦(こんとん)

Author:渾敦(こんとん)
エンパス型のHSP
(highly sensitive person)
でHSS
(highly sensation seeking)
な中年男です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ようこそ