中年HSP記
エンパス型HSP(Highly Sensitive Person)でHSS(High Sensation Seeking)な中年男の自省録。※自虐ネタなのでHSPやエンパスに否定的な表現もありますが、HSP全体のことではなく、私個人の事ですのでご容赦ください。
ペース配分が難しい人
ペース配分が難しい人


「本気を出せ!」と言われて言葉通りに受け取ると失敗してしまいます。

今までも頑張ったことで周囲から評価された記憶があまりありません。

私が集団の中で頑張ると
「よし! 頑張ってるな!」と
最初は好意的に受け止められるのですが、次第に迷惑そうなムードが漂い始めます。

何かを始めると、特に最初のうちはいろんなことが気になってしまい適度に手を抜くことができません。まわりの期待に応えなければという焦りもあって頑張り過ぎてしまうからでしょうか?

ハイテンションで他人に高圧的な態度をとる…なんて事はいっさいしないのに…。ただ黙々と仕事に没頭しているだけなのに…。

それでも周囲の人達になんらかのプレッシャーをかけてしまっているようです。最初は好意的に接してくれていても、次第に煙たがられハラスメントの対象になったりします。

…きっとHSPの私が出す本気は非HSPが望んでいる本気とは少しズレているのでしょう。

例えば非HSPの本気は石炭のような感じでじわじわと燃えていき、ある程度の持続力があるのにたいして、HSPの本気はガソリンのように揮発性が高く、爆発的に燃えて少し危険を感じさせるのかもしれません。

職場が問題を抱え、本気で困っている時は喜ばれることもあります。しかし大変そうなフリをしているだけで、実際はそうでもないような職場だと何だかうまく合わせることができません。
空気を読むのが得意なHSPのクセに…いや、そういう空気は読んでいるんです。ただうまくその空気に同化することができないんです。

…多分、人に合わせながら仕事のペースを調整することが苦手なのです。
アクセルが敏感に反応してしまうので、手を抜くためにはしょっちゅうブレーキをかけていなければならず、省力化どころかかえって疲れてしまいます。

だいたい人の反応を見ることと、仕事に集中することとを両立できません。
人に合わせる“だけ”ならできそうです。でも、その場合、仕事は全くできません。

思い返せば、私は雑談しながら仕事ができない性質でした。逆にそれができる人はスゴイと思いました。最初に就職した時、どうしてみんな喋りながら仕事をしているのか不思議でした。私は両方同時にできないので、「雑談する」⇒「仕事する」⇒「雑談する」⇒「仕事する」と一々頭を切り替えてやっていました。それだけでも非常に煩わしかったです。

自分のペースで仕事ができればなぁ…とよく思いました。


ところで最近、アスペルガー症候群のコミックエッセイを読みました。HSPとアスペルガーでは脳の働きが真逆のようですが、私自身については客観的な行動が似ているなぁと思いました。

表情が無いとか、反応が乏しいしか、同時にたくさんのことができないとか…。周囲を気にせず物事に没頭するとか…(私は周囲を気にしたくないので逃避的に没頭している部分もあります)。

アスペルガーの方は知能が高く集中力もあるのですが、ある種の対人的な感受性や危機感に乏しいようです。

逆にHSPは感受性が危機感が一般の人よりも高いために、かえって集団生活に支障をきたしているようです。「過ぎたるは及ばざるがごとし」なのでしょうか? 性質は逆なのに過集中とか集団に溶け込めない感じがどこか似ています。


来週からこども達も冬休みです。
…なので少し早いのですが、今年のブログ更新は今日が最後になりそうです。(新年はバタバタしているので、2週間は空いてしまいそうです。)

まだクリスマスも来ていないのに…早目のご挨拶ですが、今年もありがとうございました。

みなさんにとって来年が良い年であることを心より願っています。
いろいろツライ事もあるかもしれませんが、世の中の評価よりも“生きていく”ことがHSPの第一義だと思います(…と甲斐性の無い自分に言い聞かせています)。

栄枯盛衰や盛者必衰みたいな波風の激しい波乱万丈な人生は非HSPにまかせて、少しでも安らかに生活してきましょう。

それでは良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト
[2013/12/20 12:00] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(10) |
苦労が顔にでない人々
苦労が顔にでない人々

 きちんとお話したのは女性のhspだけですが、hspの方はお会いすると、どういう訳かホワ~ンとしたムードの方が多いです。

 そして明るかったり、穏やかだったりします。

 男性のhspとお話したことはないのですが、お見かけした印象としてはどこか“憂い”が漂っていました。そういえば私も昔から人に「疲れた顔をしている」とか「大丈夫? 何か悩んでる?」と言われます。

 私は男性の方がhspとして生き辛いとは全く思いませんが、感受性に対する“耐性”は男性の方が弱いのかもしれません。

 ところで女性のhspの方はいろいろ話をうかがうと大変な苦労…もう試練としかいいようのない…をされてきている方が多いです。
 壮絶な親子関係、イジメ、DV被害、ストーキング被害、離婚、難病体験など、外見からは想像もできないような経験をしています。

 「結構大変でした…」と語っても穏やかな言い方と体験の壮絶さがつりあわず、現実の事のような気がしません。どこか他人事のように話されます。それも多分、経験したことのほんの一部しか語っていないのだと思います。

 相手の気持の負担にならないように気遣ってのことかもしれませんが、申し訳なさそうに語るのが、何とも健気です。

 非hspの方でたまに自分の苦労話を得々と語ったり、時には他人の苦労を自分の事のよう話す人もいますが、hspとは対称的です。

 hspの女性はちょっと…というか相当『おしん』だと思います。
[2013/12/13 12:00] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(14) |
今週はお休みします
ウィルス性胃腸炎

 息子からウィルス性胃腸炎が感染し、今週は臥せっていました。
 ウィルスが散らばるからその辺りを触らないようにと言われ、長男と隔離されてました。

 奥さんは仕事を休んで、いろいろしてくれたので感謝しています。

 そんなにヒドイ状態でもなかったのですが、生まれて初めて点滴をしました。

 点滴ってスゴク容態の悪い人がするものかと思っていたら、お医者さんに「点滴打っていけばぁ~」と軽く言われ、興味半分でお願いしました。

 …で、現在はもうすっかり良くなったのですが、ブログ更新にはおよびませんでした。

 丸一日は、ほぼ何も食べませんでしたが、健康って当たり前じゃないんだなぁと改めて感じました。

 流行っているようなので、皆様もお気をつけください。
[2013/12/06 12:00] | その他 | トラックバック(0) | コメント(6) |
| ホーム |
プロフィール

渾敦(こんとん)

Author:渾敦(こんとん)
エンパス型のHSP
(highly sensitive person)
でHSS
(highly sensation seeking)
な中年男です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ようこそ