中年HSP記
エンパス型HSP(Highly Sensitive Person)でHSS(High Sensation Seeking)な中年男の自省録。※自虐ネタなのでHSPやエンパスに否定的な表現もありますが、HSP全体のことではなく、私個人の事ですのでご容赦ください。
笑いに置いていかれる人
笑いに置いていかれる人

 私は面白いとか可笑しいと思う感覚が人とズレているようです。結構昔からなので、多分年齢のせいではないと思います。

 一番最初に世の中の笑いについていけないと感じたのは『オレ達ひょうきん族』が始まった時で、私は高校生でした。誰もが見ていた人気番組だったのに、面白さが全く理解できませんでした。周りの友達が爆笑しているのに…ひとり、ボーゼンとしていました。

 その頃流行りだった毒舌っぽい笑いは、どうも攻撃的でなじめませんでした。例え人を傷つけても、明るくてテンションの高い人が肯定される…っていうムードも嫌だったのかもしれません。コンピの片方だけが喋りまくって、相方はただうなずくという構図も私にはイビツなものに感じられました。ギャグもどうも内輪ウケのような感じがして、笑いの輪に入っていけません。

 その辺りから、世間で流行っている“笑い”からどんどん自分が取り残されていきました。
 話が分かった上で、くだらないとか、つまらない、とかではなくその内容自体がわかならいんです。

 こどもの頃はテレビを見て人一倍大笑いしていたのに…(新井注がいた頃のドリフターズとか大好きでした)。大学の時に見た「突然ガバチョ! 」という、笑いをこらえなければならない(笑ってしまうとムキムキマンに連れて行かれる)番組も面白かったです。

 …ただいつの間にか、多分、思春期あたりから私の笑いの感性は変わってしまったのかもしれません。

 お笑い番組を見てもほとんど笑うことがありませんが、うちの家族はテレビのバラエティ番組が好きです。
 でもタレント達が何とか場を盛り上げようと努力している姿が、私にはギスギスしたものに感じてしまうことがあります。話すスピードが速すぎて、そもそも何を言っているのか聞き取れないこともあります。
 ナインティナインもダウンタウンも全く理解できません(私の個人的な感覚です。面白いという方はごめんなさい。hspでも何に敏感かはそれぞれ違うし、考え方も違うのですからどうか気にしないでください)。

 家族や周りの人たちが笑っているのに、“笑いどころ”が分からず一人取り残されるのはさびしいものです。不機嫌だと思われるのが嫌で、とりあえず周りに合わせて笑ってすますこともありますが、ちょっとむなしい感じがします。

 本当は私は笑うことが好きです。実は日常生活の中で、面白いと思うことはあり、結構笑ったりしているのですが、他の人と笑いのツボが違うので、家族に“暗い”とか言われてます。
 不思議なもので私が大笑いしている時、他の人はポカーンとしていたりします。

 話は飛びますが、Eテレの「ハーバード白熱教室」で社会的な“権威”とは集団の注目を集めることであり、リーダーシップとは別な生物学的な行為だと言っていました(ゴリラの社会にも権威はあるそうです)。

 いつからか私には“笑い”にはどこか“権威”に結びついた政治的な臭いがします。

 笑ってないと暗い、空気が読めない、ノリが悪いと…みたいなムードが嫌です。無理してでも笑わなければならない、という圧力に束縛感をおぼえますし、何か違うんじゃないかという気がします。

 テレビの中でも日常でも、大物が何か言ったらみんな必ず大笑いするって…ちょっとファシズムみたいで恐いです。権威に結びついた時、本来、良い物であるはずのものが、どこか胡散臭いものに変質していきます。

 こどもの世界でも、面白い子がクラスの人気者っていうのは違和感があります。いじめの遠因になっているような気さえします。思いやりがあったり、きちんとした方向にクラスをまとめる子が、クラスのインフォーマルな権威である人気を持つべきと思います。

 “笑い”ってもっとリラックスしたり、リフレッシュさせてくれたりするものであってほしいです。

 人と笑いを共有しずらいというだけなのに、大仰に語ってしまいました。(゚_゚i)

 土日は朝から家内の実家に泊まりに行くので、コメントいただけた場合は月曜以降に返信します。
スポンサーサイト
[2013/11/29 12:00] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(18) |
見えないナイフを飛ばす人
見えないナイフが勝手に飛ぶ人

この頃、私の発言に対して奥さんから「そんなキツい言い方しなくても!!」と怒られることが続きました。

…それで、自分を振り返ってみました。

とくべつ鋭いことを言ったわけでも、キツい言い方をしたわけでもありません。

運転している奥さんに「(歩行者いるから)気をつけて!(発言のまま)」と言ったり…、

奥さんが見ている刑事ドラマの陰惨なシーンで子供が怯えはじめたので「チャンネル替えれば…、いくらなんでもそれは…(発言のまま)」

と言っただけです。

正確に「」の言葉だけです。相手を責める気持は全くなく、状況について指摘しただけでした。言い方も別段キツくなかったと思います。

しかし奥さんはかなり狼狽したようです。「そんな言い方しなくても!!」と動揺を隠せない様子でした。

奥さんは特別傷付きやすい訳ではないと思います。どちらかと言うと鷹揚な人です。

おそらく私が言ったのではなければ、普通に「あ、そうだね」と反応していたはずです。

それじゃあ、なぜショックを受けたのか…奥さんも自身よく分からないようです。

…しかしやはり相手を動揺させた原因は私にある…と思います。

今回に限らず私は時々“キツい”と言われることがあるからです。

何でこんな事で…って発言で、割りとタフな人が凹んだり、思いっきり防衛的な反応をしたりします。

そういう反応をされるこちらの方が余程狼狽してしまいます。

でも相手の様子を見ると、確かに相当ダメージを受けているようです。

…ああ、まただって思います。これ、何とかならないんでしょうか? 

生きていて非常に面倒です。

社会生活上の障害です。



恐らく他人からキツイと言われるhspは結構いると思います。

でもそれはその方の言葉や態度が原因ではないと私は思います。

実は私、人当たりを良くする為に、対人スキルの本を読んだり、演技のワークショップへ行ったりしてしました。

(余談ですが、人をホメない辛口の演出家に随分と褒められました…つまりある程度、演技の実技も身についたと思います。)

…で、結構人当たりはいいと思います。常に意識的にそう努力しています。

にも関わらずやはり人を刺すムードは無くせないんです。

勿論、いろいろやったことである程度“誤魔化せて”はいますが、化けの皮は一瞬で剥がれてしまうんです。

多分、これ体質です。

言葉には感情が付加して、ニュアンスを形成しますが、その感情の性質がhspは特殊なのだと思います。

そして心理学的にも演劇的にも感情とは、身体から生じるものです。

感受性の強いhspの身体が相手の感受性にも強く働きかけているのだと思います。

たとえ穏やかに話していたとしても…です。

言葉の調子だけではなく表情や態度、眼差しさえ、相手の感受性に働きかけてしまうのかもしれません。

或いはただ“居るだけで”他者の感受性を刺激してしまう体質を持っているのかもしれません。

それは一言も話さず、相手の事を何も考えていないにも関わらず、時々奥さんから

「もしかして…私、責められてる…?」

と言われることがあるからです。

感受性の強い体質は、相手の感受性も刺激してしまう…。

しかしそれはもう“そういう身体”を持って生まれているのですから対人スキルのようなもので訓練しても“その部分”はどうすることもできません。

ふと思ったのですが、役者や、カリスマ性を必要とするような仕事(アイドルや政治家とか)にはhspの身体は“才能”になるんじゃないでしょうか?

自分の発するメッセージが人の感受性に深く届くんですから。

ただ…一方で衆目に晒されるような仕事をしたくないのがhspだったりするので、これは皮肉な話ですね。

ところで、思った事をかなりハッキリ言われるhspの方と話していても、非hspのような“キツさ”を私は感じません。

非hspの何気ない日常会話の方が余程キツイと感じます。

やはりこの印象のズレはhspと非hspの体質の違いからくる摩擦なのでしょう。



今回、マンガの内容がうまくまとまりませんでした。

hspと思春期の子の共通点を書こうと思ったのですが、書いているうちに考えが錯綜してしまいました。

思春期って感受性が高まる時期だと思うんです。

その感受性に対応しようと自我も発達せざるを得なくなる…。その辺りがhspに似ているんじゃないかと推測してみました。

思春期の子の出す得体の知れない雰囲気とhspの雰囲気はどこか似ているんじゃないかと…。

思春期の子が大人に溶け込めないように、私も周囲から浮いていることがあります。

私、歳も歳ですし、人に対しても割合きちんとした対応をしているつもりです。なのに、なぜか周囲に溶け込めないことが…。

溶け込もうと努力するとかえって“引かれたり”します。

…おかしい、人当たりも良くし、別段変人振りや危険人物的な態度はとっていないのに…。

…っていうか私から見て明らかに変人や危険人物と思われる人の方が自分よりも周囲に溶け込んでいるのはなぜだ?

なんて思ってしまいます。

…少し違うかもしれませんが、私とはタイプの違う“ちょっとスレた人”から妙に親しげに接しられる事があります。

それも思春期の子が持つ雰囲気と似たムードを、私が持っているからかも…なんて考えてしまいました。


[2013/11/22 12:00] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(19) |
エンパスパイ16
エンパスパイ16

いつもは頑張って冷静になろうとしているのですが、時折、思考と感情のバランスが崩れると判断力がこども並に低下してしまい、周囲を唖然とさせる失敗をすることがあります。

冷静な時と取り乱している時の落差には我ながら愕然とします。

サラリーマンだった時よく思ったのは、ひとりで仕事をしたらメチャメチャ能率があがるのに…という事でした。

時代劇なんかで長屋で一人黙々と傘張りをする職人とかすごくあこがれました。山でたきぎを拾ったり、炭焼きをする人とかも。

どうして現代はそういう仕事がないんだろうと思っていました。

仕事そのものが大変だと感じた事はあまりなく、労力の大半は周囲の人に振り回されること…まあ私が勝手に振り回れているだけんなんですけど…でした。

時間があるとのんびりしているのに、ぎりぎり切羽詰ってからテンションがあがって頭が回転しだす人や、(多分わざと)どうにでも解釈できるような曖昧な指示をする人と仕事をするのは、もうそれだけでストレスです。

どうして非hspは心穏やかに仕事ができないのでしょうか?

静かで黙々とした作業では仕事をした気になれず、あえてスペクタルを起こしているんじゃないかと勘繰ってしまいそうです。

みんながみんな『プロジェクトX』しなくても、日々坦々と静かにルーチンワークをするっていう仕事にだって労働と生活の楽しみがあると思うのですが。
[2013/11/15 12:00] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(10) |
自分のせい・・・って思う人
自分のせい・・・って思う人
最近、夜中に家の前で外国の男性が酒を飲みながらしきりに独り言を言っています。

きっと外国から出稼ぎに来て、意にそぐわない仕事を強要され…さらにはそれすら失い、途方に暮れて、精神に異常をきたし…と勝手に想像が膨らんでしまいます。

その悲壮な声を聞いていると、自分が責められているような気持になってきます。

いろんな事が自分につながっているような、因果関係があるような…そんなふうに感じてしまいます。
…なんか自分が世界とリンクしているような感じがするのはきっと自他の境界があいまいだからでしょうか?

うつ病の人も周りの不幸は自分のせいと思う傾向があるようです。責任感が強すぎるタイプの人です。

私は特別責任感が強い訳ではないと思います。結構いい加減なところがあります。でも責任感が強すぎてうつ病になる人の気持、分かるような気がします。

hspには必要もないのに“自分が悪いんじゃないか…”と思ってしまう方がいるのかもしれません。

ただ、こういうことは“認知の歪み”ですので、認知療法などで改善しないと本当に心の病になってしまいます。

私も時々カウンセリング受けたいなと思う時があります。そんな時は那智子さん(hsp交流会で知り合った認知行動療法士の方)か、カウンセリング夕映え(こちらもhsp交流会で知り合った方がすすめてくれたカウンセラー)に是非。おふた方ともhspです。
[2013/11/08 12:00] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(13) |
想像力が暴走する人
想像力が暴走する人

想像力が暴走…といって『赤毛のアン』のようなポジティブな想像力でも、『アメリ』みたいなカワイイ想像力でもありません。

私の場合、恐いことや不安なことに激しく想像力が働いてしまいます。

残酷な話しや、不幸な事件、悲しい事、病気の話なんかも苦手です。

最近はあまり見かけなくなりましたが、私がこどもの頃はホラー映画の予告などかなり暴力的な映像が突然放映されました。

映画を楽しんでいると、突然ホラー映画の予告CMで巨大なハサミで人間の胴体をチョッキ~ンとか…よくあんな放映が許されたものだなと思います。

テレビの暴力表現は昔の方が生々しかったです。最近の暴力表現は派手になったものの、作り物っぽくてあまり生々しさがないような気がします。それとも私が大人になって免疫力がついたのでしょうか?

昔のテレビドラマやドキュメンタリーも本当に残酷で生々しいモノでした。今でも忘れません…怪奇心霊現象をドキュメントする火曜スペシャルという番組がありそこで見た心霊現象の映像が長年トラウマになってしまいました。

成長して一人で寝るようになると、寝入りばなにコワイ映像が思い出されて、なかなか眠れなかったのを覚えています。

そんな訳で中学生ではラジオをつけっぱなしで寝ていました。当時はニッポン放送を聴いていて、ネッスル日本のラジオドラマや、コッキーポップという歌番組、オールナイトニッポンなどを毎晩聴いてました。今考えると中学生のクセに宵っ張りだなぁと思います。

ただ昔のラジオは日曜の深夜に放送休止時間があったので、深夜に目が覚めてしまうと結構動揺しました。

また、たまに深夜放送で怪談話とかされると本当に最悪でした…。

小学一年生の長男がしょっちゅう布団の中で「パパ、お話して~」というのは、もしかしたら私と同じ理由なのかもしれません。私に似て恐がりなので…。

普通、想像力があるというのはいい意味ですが、制御できない想像力ほど厄介なものもありません。
[2013/11/01 12:00] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
プロフィール

渾敦(こんとん)

Author:渾敦(こんとん)
エンパス型のHSP
(highly sensitive person)
でHSS
(highly sensation seeking)
な中年男です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ようこそ