中年HSP記
エンパス型HSP(Highly Sensitive Person)でHSS(High Sensation Seeking)な中年男の自省録。※自虐ネタなのでHSPやエンパスに否定的な表現もありますが、HSP全体のことではなく、私個人の事ですのでご容赦ください。
hspシェア会に行ってきました
先週6月20日(木)、すどうゆうじ先生主催のhspシェア会(集まれ敏感な人!HSP、エンパス、インディゴチルドレン!敏感対処セミナー)に行ってきました。

すどう先生のブログは読んだことがあったのですが、今回hsp友のおひさまさんに「行ってみませんか?」とお誘いもあり、hss根性で参加しました。



hspシェア会の前にアールユーヴェーダセラピストきみこさんの無料体験セラピーがありました。

今までヒーリングというものを受けたことがなかったので、これも物は試し的なhss根性でお願いしました。気功のような感じで頭や肩に触れてもらうのですが、気持が良かったです。

シェア会会場の模様は下のイラストのような感じです。
始めに、すどう先生がhspの概念をホワイトボードを使って説明し、その後集まったhspの方々に自己紹介とhspの経験や自分なりの対策をひとりづつ話してもらう(シェアしてもらう)会でした。

14、5人の参加がいました。そのうち男性は私を入れて3人でした。

hspシェア会


イラストにあるホワイトボードを拡大します。
ホワイトボード左側↓
ボード左

ホワイトボードの左側にに書いてあったことは…

イラストから説明すると…人は心の中が悲しかったり、怒っていたりしても、表面的には笑顔を見せます…それは人間関係を円滑にする社会的な技術なのですが、hspは心の中が見えて(感じて)しまうので、その相手に対して笑顔になれません。すると相手は「こっちが笑って接しているのにナゼあいつはしかめっ面なんだっ!」と段々怒りだします。周囲の人もhspに対して「なんで笑顔で人と話せないのか?」といぶかり、段々孤立無援の状態になっていきます。

その結果がホワイドボードの上にかかれた①人間関係の問題や、コミュニケーション不全に悩むことになる…ということです。

そしてその二次障害として②の病気、うつ病、パニックになるし、精神科にかかれば最悪、統合失調症と言われることもある…ということです。

フライドチキンとトリのイラストの説明をする前に…。

先ず、すどう先生は食事によるhspの体質改善を主張されています。詳しくは忘れましたが、カフェインとかゴマなんかがhspには良くないようです。

ゴマ…というのは、まあゴマに限らないのですけれども、自然に腐らないような処理をされた食品が良くないようなのです。

それでようやくイラストの説明ですが、食事の問題で、もう一つ良くないものとして、ツライ環境で飼育された家畜の肉や玉子があげられていました。家畜の“ツライという思い”が波動となって(インディゴチルドレンタイプの)hspの身体に悪い影響を及ぼすとのことです。


ホワイトボード右側↓
ボード右
次にホワイトボードの右側にに書いてあったことは…

からすどう先生がhspのカウンセリングを通じて分類したhspのタイプです。

図左上のマルの中、アダルトチルドレンタイプのhspというのは親の機嫌ばかり気にして、自分というものがなくなってしまった方です。人の顔色ばかりうかがい、人の言動に敏感になっています。いつも緊張しているので、戦場で暮らしているような生活をしています。ひとりでいる時は酒、タバコ、カフェインなどの嗜好品に溺れることが多いそうです。

となりの四角の中は発達障害によるhspです。脳の使い方のバランスが人とは違うので刺激の受け止め方も異なっています。普通の音が大音響に聞こえて、耳をふさいだり、肩を叩かれただけなのに、暴力を振るわれたような感じ方をしてしまうそうです。

その下の長方形がインディゴチルドレン等と呼ばれるタイプのhspです。このタイプは六感が発達しており、宇宙とつながっているとか、何かの役目を自覚している人がいるそうです。その右側、宇宙・役目のマルに何本か足がついているのは、独自の宇宙的な役割があるという意味です。

ところでhspはそのタイプによって“敏感”な対象が異なります。

まずアダルトチルドレンタイプは危険のみに敏感で、それ以外は敏感ではありません。

発達障害タイプは五感が敏感であり、人の感情はあまり敏感ではない…というか他人の感情が理解できないこともあるようです。

インディゴタイプは波動に敏感だそうです。人の感情を始めさまざまな情報を波動として感じるようです。

すどう先生は始めインディゴチルドレンを知らなかったそうです。クライアントに「私はインディゴチルドレンです」と聞かされた時「何ですかそれ?」と思わずクスッと笑ったら、クライアントを怒らせてしまったそうです。そしてそのクライアントがインディゴチルドレンの書籍を持参したり、他にもインディゴチルドレンというクライアントが来たりして次第にそういうタイプのhspを認識したとおっしゃってました。

その他のタイプとしてサイキックやエンパスがあるようです。ちなみにすどう先生はエンパスだそうです。

あと、幽霊などが見える霊感タイプの方もいるそうです。
このタイプは波動ではなく、意思を持った霊的な“存在”に敏感です。このタイプの方はだいたい家系的な影響があり、祖父母なんかが霊能者や霊媒だったりするようです。霊的なエネルギーが強いために、よく電化製品を壊してしまうのもこのタイプのようです。会社ではコピー機を壊してしまったり、中には電車を停めてしまう人もいるそうです。すどう先生ははじめ電化製品が壊れるという話に懐疑的だったのですが、(またしても)クライアントを怒らせてしまい、セラピー中に比較的新しいCDラジカセを2度、続けて壊されてしまったとの事です。それでようやく信じるようになったそうです。

基本的にhspは生まれ持った資質や養育環境で感受性が強くなることがほとんどですが、中には何か精神的な“伝授など”を受けて敏感になる人もいるそうです。

アダルトチルドレンタイプ、発達障害タイプとインディゴタイプが少し重なっていますが、両方を併せ持つ人もいるそうです。特にインディゴタイプは親に理解されないことがあり、そのせいでアダルトチルドレンの要素も持つことがあるようです。

以上のようにhspにもいくつかタイプがあるのですが、
実は厳密に区別できないこともあり、いくつかの、または全てのタイプを同時に持つ人もいるそうです。

ところで、すどう先生はご自身のエンパス対処法を次のようにおっしゃっていました。

○自分の身体や感情と共感した相手のそれとをはっきり区別することが大切で、その為にいつも自分のコンディションをネガティヴにならないように調整する。

…ただし、アトピーや花粉症のクライアントがくると共感して症状が出るが、すどう先生自身がアトビーと花粉症を持っているため、いくら自分のモノではないと考えても混ざってしまって1週間位は抜けないことがあるそうです。

○共感してしまった相手の症状を取るために、水を飲んで症状を流す。誤って接触してしまうと塩で洗い落とさなければならないこともある。

ところで私が遠隔のエンパシーはあり得るのかと質問したところ、エンパスのすどう先生自身にはないとのことです(電話を通じてはあるようです)。インディゴタイプなら遠隔の共感もあるとおしゃっていました。

ゲストのアールユーヴェーダセラピストのきみこさんは以前医療関係の職場にいたのですが、異常に疲れるので不思議だったそうです。同僚のすすめで周囲のエネルギーをブロックするというオーラソーマを足の裏と首に塗ったら疲れがなくなり、そういった世界に興味を持たれたそうです。使ったのはサイキックアタックをブロックするという赤い色のオーラソーマだそうです。共感して感染した症状はやはり水や塩を使って落とすそうです。

すどう先生もきみこさんも基本的にはあまりスピリチュアル系ではないようです。経験から不可視の世界を認めてはいますが、“グル”ではなく、通常の社会人としてのスタンスをとっており失敗談やユーモアを交えて話しをしていました。そこは好感が持てました。

すどう先生ときみこさんの話の後、参加者が一人一人立って話をするのですが、参加者全員がhspのせいか皆さんとても饒舌に話をしていました。ここに来る前は、hspとは言え10人以上も集まったらみんなあまり喋らないんじゃないかと思っていたので意外でした。hspは日頃理解されないから発言しないだけで、本当は屈託がなく明るくてお喋りなんじゃないかと思いました。その位みなさんよく喋ってました。

ホントにhspかというくらいみなさん明るかったのですが、hspによる苦労は大変そうでした。大変なことも明るく話すのがhspの特徴なのかもしれません。

厳し過ぎる親との葛藤、引きこもり、恐怖症、職場での葛藤…現在、職についていない方もたくさん居られ、何とか働きたいという思いも話していました。

hspらしいと思ったのは、主催のすどう先生を“偉い人”扱いせず「宇宙からの役目は実は親に植え付けられたエセ役目だ」と言う方や「(hsp体質に良くないとされる)ジャンキー、コーヒー、甘い物が好物だけど、辞めるつもりはさらさらない!」と断言したりする方もいて、妙に上下関係意識のない場だったことです。

予定の時間は大幅に過ぎ、私はこども達が小学校から帰る時間になりそうだったので先に失礼させていただきました。

最後までいられたおひさまさんが教えてくれたところでは、3時半終了の予定が5時までのび、「その後有志は近くの居酒屋で(予算2千円)懇親会(おひさまさん情報)」があったそうです。

広くない場所に大勢が集まり賑やかでしたが、やはりhsp特有の静謐なムード(感情が表出しない雰囲気)がありました。

ただ、想像していた以上に皆さんテンションが高かったです。hspは自分の話が通じる環境では明るくてパワフルなのかもしれません。

多分その場に非hspがいたら妙なテンションと理解できない話の内容に引いていたと思います。

スポンサーサイト
[2013/06/28 12:00] | エンパス道 | トラックバック(0) | コメント(0) |
話しが伝わらない人
話しが伝わらない人


結構、人に何かを話す時は気を遣います。

人から「えっ?」とか予想外の反応をされると、プチパニックを起こして何も言えなくなってしまいます。恥ずかしくなってとにかくその場を去りたい気持になります。

すぐにコミュニケーションをあきらめてしまうんですね…。どうしても自分の考えを分かってもらおう…って強くは思えないです。多分、中学生の頃ぐらいから、なぜか人に話しが通じないと自覚していました。

特に気持の微妙さは伝えるのが難しいです。感情には色んな色が混じっているはずなのに、それを赤!とか青!とか言わないと相手に伝わりません。結局、何かを伝える時には最小限、ここだけ伝われば良しとしよう…と妥協しています。

hsp同士の会話は話があちこちに飛び、かなり支離滅裂なのですが、相手の意図や気持は汲んでいるので結果的にコミュニケーションが成立してしまいます。思いつくまましゃべって伝わってしまうのはかなり楽です。

ところで、非hspの話しを聞く時、相手の意図をくみとるのが得意なのはいいのですが、続けていると非hspの説明が段々テキトーになってくるのは困ります。妙に話しが伝わるから、説明を省き始めるようです。

「できた?」とか「紙!」とか言われるとさすがに何を言っているのか…。せめて主語と述語は入れて欲しいものです。
[2013/06/21 12:24] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(8) |
遠隔エンパスな人
遠隔エンパスな人
遠隔で感情が伝わるものか?…自分でも不思議です。エンパシーではなく、脳の誤作動なんじゃないかという気持もあります。

先日、長沼先生にお会いしたとき、思い切って遠隔のエンパシーってあるものでしょうか? とお訊ねしました。長沼先生は思考や感情は空間的な距離を越えて伝わるとおっしゃってくれました。もしかしたら気を遣ってそう言って下さったのかもしれませんが、精神科医に肯定してもらえて嬉しかったです。

対面で感情的になられるのもイヤなのですが、まだ謝ったりとかコミュニケーションが成立するのでマシです。

どっからともなくやって来る感情はどうすることもできません。多少エンパシーオフできるようになったから随分マシになりましたが、それでもイヤなものです。

エンパスだからと言って、みんなが遠隔エンパシーに悩む訳ではないようです(むしろ例外的なのか?)。何か固有の原因が私自身にあるのかもしれません。

…と、今回はオカルト的な話でした。すみません。

ところで『日出処の天子』ご存知でしょうか?

日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫)日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫)
(1994/03)
山岸 凉子

商品詳細を見る


私は若い頃、はまって読んでました。

主人公、厩戸王子(のちの聖徳太子)は一種のhspでエンパスみたいな人です。見えない世界が見える人です。

ただ普通のエンパスと違うのは、他人に振り回されないところです。

振り回されないどころか、周囲をいいように手玉に取ります。残酷だし冷酷だし、とても計算高くて、考えてみれば主人公とは思えない程の悪人です。

それでもなぜか厩戸王子の人間離れした悪業の数々は、見ていて気持ち良くなります。悪知恵は働くし、人の気持なんか平気で踏みにじるのですが、不思議と不快感が起きません。

むしろ度胸も行動力もあり、憧れを感じます。私がhssだからでしょうか?

まあ基本的に弱いものいじめはしないから、いいのかもしれません。

厩戸王子は幼い頃、自分の異質さ故に母親から疎まれたトラウマがあり、自分を化け物と思って生きてきました。だから自分と同じ資質の毛人をこどものように求めてしまう…そんなところもエンパスな私の共感を呼びます。



[2013/06/14 12:00] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(12) |
エンパスパイ14
エンパスパイ14


集団に溶け込もうと一生懸命気を遣っているのに、気付くと自分の周りに人は居ない…そんな時の孤独感はひとしおです。

一対一では結構悩みを聞いたり少し深い話しをしたりしているのに、何人かの集まりでは外されたりすることが時々あります。「何だよぉ~オレも入れてくれよぉ~」と言えればいいのですが、そういう時は気持のどこかが凍りついてしまっているので何もできません。

非hspからすれば、実は何となくそうなってしまった程度のことなのかもしれませんが…人に気を遣うhspなのに、自分自身が人から…一緒にいると何だか気を遣う変わった人…的な存在になっているようで…いたたまれなくなります。

こどもの頃から何度も味わってきた「ああ、まただ…」という苦い記憶もよみがえります。

そんな時はまるで迷子のこどものように行き場を失い、呆然としてしまいます。

何でだろう?…ずっとそう思ってきました。今ではhspであり、エンパスであることが原因だと自覚しています。

或いはhspやエンパスに限らず、社会のマイノリティが味わう疎外感なのでしょうか?

ただ…集団の和気藹々としたムードは羨ましいのですが、その中にいても完全には同化できない自分も感じてしまいます。

集団内の見えない変化を察するのが生物学的なhspの役割だからなのでしょうか? 集団に同化していては淀んだ空気を察知したり、空気を変える何かを投射したりできないからなのかもしれません。

自然が最初からそういう風に設計したのだと思えば、仕方ないっていう気もします。

自分自身がマイノリティであるならば、社会の多くのマイノリティの側に籍を置いているようで、それはそれでいいかもしれません。マジョリティだと大手を振っているよりは、しっくりくる感じです。

それに今は同じように孤独を感じる多くのhspの存在がどこか心の支えになっています。
[2013/06/07 12:00] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(10) |
| ホーム |
プロフィール

渾敦(こんとん)

Author:渾敦(こんとん)
エンパス型のHSP
(highly sensitive person)
でHSS
(highly sensation seeking)
な中年男です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ようこそ