中年HSP記
エンパス型HSP(Highly Sensitive Person)でHSS(High Sensation Seeking)な中年男の自省録。※自虐ネタなのでHSPやエンパスに否定的な表現もありますが、HSP全体のことではなく、私個人の事ですのでご容赦ください。
エンパスな人々
『Whose Stuff Is This? …』
という本の冒頭に
Most empaths ara silent suffers.(大多数のエンパスは無言の苦悩者である)という一文がありました。

自分自身の事を思ったせいか、とても悲しくなりました。自分と同じような人が、子供や女性やお年寄りがきっとたくさんいると思うと…辛くなります。だから、たくさんのエンパスにご自身のことを知って欲しいと願っています。エンパスであることを自覚するだけでも、自分を責めたり、世界を呪ったりすることがなくなり、生きる重荷が違ってくると思うからです。

エンパシーは自覚し、コントロールできれば才能になりうると思います。人生を深く生きるための“ギフト”たりえるかもしれません。

ただ問題なのは共感力それ自体よりも、それが無自覚、無意識に発動してしまうことなんです。

コントロールできるのならエンパシーは一つの感性なのかもしれません。しかし勝手に発動し、心や身体を蝕むのであればそれは“アレルギー”と変わりがありません。

少なくても、エンパシーによる心身の不調が強い私自身についてはそうです。
スポンサーサイト
[2012/09/30 12:01] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
リアクションしにくい人
人がすごくポジティヴな事を言っているのに、逆にネガティヴな感情を感じてしまうことがあります。
…そんな時はどう対応していいのか困ります。
ただ、どっちが本当の感情でどっちがウソっていう訳じゃないとは思います。多分どっちも本当の感情なんでしょう。きっと表現された感情と、表現されない感情があるんじゃないでしょうか。あるいは考えている事と感情は少し違うとか。もしかするとネガティヴな思いをバネにポジティヴに頑張ろうとしているのかもしれません。それはそれで良いことだと思います。人の感情や思いはそれだけ複雑ってことなんでしょうね。

…ただ困るのは、私はつい表現されない感情の方に共感が働いてしまい、リアクションが難しいんです。表現できる感情はそれでいいのですが、言いたいのに言えない気持ちは、たとえ隠されてはいてもベース音のように体に響いてきます。私自身がそうポジティヴな人間ではないので、ネガティヴな感情の方に共鳴してしまうのかもしれません。

相手はせっかく話を盛り上げようとしているのに、つい盛り下げるような相槌を打ってしまい、暗い方へと誘ってしまう自分を何とかしなければと思っています。
[2012/09/28 12:01] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(4) |
スポンジと泡
「a bubble of protection(防御の泡)」というテクニックです。

私は実際に試した訳ではありませんが『Energy Vampire』を書いたJennifer O’Neillというエンパスと『Whose Stuff Is This? …』を書いたBy Yvonne Perryというエンパスの方が使っているテクニックです。ふたりともスピリチャルなヒーラーのようです。

外部からのエネルギーから身を守る方法です。大勢の人と会う前に2分間でもいいからやっておくと良いそうです。ヴァンプな人やネガティヴな人から身を守る働きもあるらしいです。

やり方は、以下のような感じです。(私の訳なので変かもしれませんが、ご容赦ください。)
-------------------------------------------------------------
1)静かで邪魔されない場所を見つけましょう。車の中でもいいです。

2) リラックスし、まっすぐ背中を立てて座ります。両手は両脇へ、足は地面にべったりつけます。手や足は組まないようにしましょう。

3) 目を閉じて呼吸に集中しましょう。 ゆったりした呼吸でリラックスします。

4) 呼吸がリズミカルになったら、体中の筋肉をリラックスするように集中しましょう。

5) 次に白色の強いエネルギーが頭の上からやってくるのをイメージします。この白色光は神聖な魂、神、(または心地よいと感じるモノなら何でも)の源から来ると考えましょう。このエネルギーが家や車の屋根を通ってやってくるのを感じます。そして頭上のチャクラを通って体に入り込ませましょう。このエネルギーは気持ちよく、あなたを力づけ、そして守ってくれます。

6) この白色光を全てのチャクラに通し、スピリチュアルな体に満たします。全身の器官に白色光が満ちるまで続けます。

7) 次にあふれたエネルギーがあなたの周りに泡立ちます。白色光のエネルギーが大きな泡となってあなたの存在の周りを囲む姿を“感じてイメージしましょう”。この力強い白色光はあなたのエネルギーの場を、新鮮なエネルギーで満たします。それは強くて、あなたを守るエネルギーです。あなたの周囲に泡立ちながら、エネルギーがあなたの各器官に満ちていくのを感じましょう。泡が満ちたら、その力強さを感じましょう。何モノも外からこの泡を貫くことはできません。この泡はあなたを守るバリアーです。

8)充分できたと感じるまでこの状態を続けましょう。そうしたらこのイメージを宇宙に解き放ち、日常生活を送りましょう。
-------------------------------------------------------------

結構スピリチュアルなイメージワークですが、効果があれば良いと思います。私自身はまだ、効果を実感するまで習得できていません。理屈っぽいオジの私には向いてない恐れもありますが…。
[2012/09/26 12:01] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
食べず嫌いの人
HSPとは無関係かもしれませんが、子供の頃から食べず嫌いでした。味がどうのという以前にイメージとして食べられないモノが結構ありました。

自分では大した短所とは思っていなかったのですが、結婚してからが大変でした…食事の習慣の差っていうのは。

しょう油で真っ黒になった玉子かけゴハン、お寿司もシャリがしょう油で真っ黒になり、ポタポタ滴っている状況に奥さんはカルチャーショックを受けているようでした。食事中によく奥さんの悲鳴が飛び交っていました。奥さんは関西圏(兵庫)出身なのでなおさらです。確かに私の食べ方は汚いです。それは自覚しています。恥ずかしくてちゃんとしたお寿司屋さんには行けません。そういえば塩をふいているシャケにしょう油をかけて食べ、人格を疑われることもありました。

でも新潟県に住んでいる私の叔父さんや従兄弟も私と同じように食べているので、育ちの問題だけではありません。多分、体質が絡んでいると思います。

また結婚した当初、突きつけられたことは「料理を作る人は、相手が食べたいモノではなく、自分が作りたいモノを作る」という現実でした。

奥さんは私の偏食を治そうと、いろんなモノを作ってくれました。長年の激しい苦闘のすえ、私は自分としては驚異的に食を広げることができ、奥さんは私の偏食をある程度受け入れてくれました。さらに栄養のバランスがとれているせいか、体重も随分減りました。今ではそんな奥さんに感謝しています。

今では信じられない位いろんなモノを食べられるようになりました。…でも、もし人生最後の食事をとるとしたら…時々そんな事を想像します。…それはもう玉子かけゴハンに決まっています。
[2012/09/24 12:01] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(4) |
オジ、パワーストーン
ちょっと恥ずかしいのですが、パワーストーンのお話です。

いままでは、マンガなどの大衆紙にいかにもウソ臭い内容の広告をよく目にするのでそういった“お守り”には関わらないようにしてきました。

しかしエンパス関連の本には、ほとんどパワーストーンの効用が紹介されています。そこで思い切ってネットで安い物を購入しました。いやーまさか自分がそういった物を買おうとは…不思議です。(素敵な出会いや金運を求めてるからではありません。)

今回購入したのは、ブラックトルマリンとスモーキークォーツです。どちらも勾玉の形をしていて、価格も一つ1,200~1,500円位の物です。外部の邪気から身を守り、気持ちを静める効果があると書いてありました。

じ~と見つめていると、それぞれ違ったイメージが伝わってきます。確かに気持ちが落ち着いて来るようななんとも不思議な感じがしました。

パワーストーンからエネルギーが放出されて、外部からの邪気を防いでくれるっていう感じでなないのですが、鉱物から感じるイメージに同調して、ちょっと周りエネルギーから自分の気がそれるような感じがします。よくモーツァルトの曲を流すと胎教によかったり、農作物がよくそだったりするという話がありますが、それに似ているのかもしれません。ただ、音楽は気分や身体のエネルギーを高揚させてくれますが、鉱物はどちらかと言うと、落ち着かせてくれるっていうか、エネルギーの高揚や、感受性を抑えてくれるような…鉱物なだけにソリッドな感じ(気化したものの熱が放出されて、気化→液化→固化していくような感じでしょうか…)がします。

まだよく分かりませんが、エンパス関連の本に必ず紹介される“グラウンディング”もこういう感じなのかもしれません。勝手にイメージや気分が彷徨わないように、落ち着くべきところへ落ち着かせる…優れたエンパスの方ならもっとちゃんとした意味を示せるのでしょうが、今の自分の解釈ではそんなところです。

私には物を愛でたり、収集する気質がないのでこれ以上パワーストーンを買うことはないかもしれませんが、ちょっと鉱物好きになりました。「おじゃる丸」のカズマ君の気持ち少し分かる気がします。


[2012/09/22 12:01] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
息子のHSP疑惑
はじめ、フザケテいるのかと思いましたが、そんな様子でもなく、息子はごく当たり前のように話していました。
「犬かお前は?」と心の中で思ってしまいました。確かにイヌ年生まれではあるのですが…。

このほかにも息子のフックに間違って掛かっていたプールバックのニオイを嗅ぎ「タマちゃんのニオイがする」と言ったこともあります。おいおいプールバックってビニールのニオイしかしないんじゃないのか…。

もしかしてHSPが息子に遺伝?…と本気で心配してます。息子は少しとぼけた子供ですが、人懐こくて、優しく、周囲に気遣いのできる子なので、ちょっと心配です。今のところニオイに神経質って訳じゃないので、弟がオムツからウンチのニオイを発散させていても笑っています。

でも、もしニオイを嗅ぎ分ける才能があるなら、将来は調香師にでもしようかと真剣に考えるバカな親でした。
[2012/09/20 12:01] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(2) |
考え過ぎの人
HSPやエンパスには食べ過ぎの人、飲み過ぎの人、考え過ぎの人が結構いるようです。
私は明らかに「考え過ぎ」の人です。何にも考えてないと不安になってしまうので、これはもう依存性を帯びているのかもしれません。

右脳が勝手に集めてくる情報に対して、何とか解釈しようと左脳が頑張っているのかもしれませんし、左脳が右脳をけん制しているのかもしれません。

禅や剣術の世界で無念無想とかいう世界、とってもあこがれます。

独身の頃は昼間は菓子を食い、夜は毎晩お酒を飲んでいました。

でも結婚してからは、奥さんに咎められるのでお菓子やお酒も随分減りました。もともと体質的にγ-GTPの値(お酒好きな人にはお馴染みですね)が高く、コレステロールの値も高いので、お酒やお菓子を控えることで健康になったのかもしれません。

(奥さんの顔色を伺いながら飲むビールや、隠れてコッソリ食べるお菓子は、たとえ量が減っても、以前よりずっと美味しく感じられます。そう、なんか…人生の味がします。つらいことがあるから喜びもひとしおなんですね。)

職場が自宅のフリーランスなので、子供の面倒も見なければならず、その分、考える時間が少なくなりました。お陰で中毒性の過剰思考も随分抑制されてきました。

そう考えると家族のお陰で、いろいろ不健康な習慣が矯正されているのかもしれません。

[2012/09/18 12:01] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ヴァンプな人達
様々なところで言及されるヴァンパイア…吸血鬼ですね。血ではなく人の元気を吸い取ります。
随分昔読んだ、ダイアン・フォーチュンの『心霊的自己防衛』という本にも載っていました。確か母親がヴァンパイアで、娘を精神的に囲い込み生気を吸い取っている例をあげていたと思います(記憶違いならごめんなさい)。母親はそれで元気を保っているのですが、娘はどんどん衰弱していくという悲しい話です。昔からスピリチュアルな世界では存在を知られていた人達です。

DVをする人も典型的な吸血鬼だと思います。

『Energy Vampire』によれば
ヴァンプな人達は、言葉や身体で人を攻撃し、陰口を言い、できることはあえてサボタージュし、他人が惨めな気持ちになるような事をする…と書かれています。

ネガティブであらゆることに不満を言う人。人生が虚しくなるような事ばかり探している人。ドラマの主人公を演じてしまい、周囲にトラブルや争いごとを起こす人。すぐに議論をふっかける人。…なんかがヴァンプな人達です。

ハイテンションでアグレッシブ(っぽい)人も吸血鬼だったりする場合があります。彼らはボジティブとは違います。ポジティブな人は元気や勇気を与えてくれますが、彼らは人を疲れさせ、凹ませ、引かせてしまいます。そして人のエネルギーを吸い取って益々意気盛んになります。
ただ、時代はそういう人を良しとすることも多いです。押しが強いですし、確かに仕事もできるのかもしれません。

ヴァンプな人達は、基本ネガティブなのですが、その状況が心地いいので自分を変えることはないようです。

エンパスは特にエネルギーを吸い取られやすいらしく、彼らはエンパスの天敵です(少なくても私の天敵です)。

不思議な事に私はどこへ行こうと必ずヴァンプな人と出会ってしまいます。ほぼ100%です。

ヴァンプな人の人口密度が高いのか、お互い引き合ってしまう何かがあるのか、私が無意識に人のヴァンプ性をひきだしてしまうのか、はたまた過去世の悪業の報いを受けているからなのか…どうしても彼らから逃れられません。不思議です。ただ、私には耐え難いヴァンプの人達に対し、あまり気にならない人もいるようなので、私に何か原因があるのかもしれません。

でも、元気を吸われる身としては「こちとらただでさえ元気少ねえんだからよぉ~! あんまし持って行くなよぉ!」って思ってしまいます。

それと人は誰でも、自覚せずにヴァンパイアになってることがあるそうですから、私自身も気をつけないと…。

…『おじゃる丸』に出てくる貧ちゃん神様も人々の元気を吸い取るのですが、愛嬌があるので良しとします。
[2012/09/16 12:01] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(2) |
HSSな人②
自分では内向的な人間だと思うのですが、そう断言できないもどかしさがあります。私の知人も「暗いヤツだが、内向的な人間…では多分ない」と言います。明るく外向的な人間にもなりきれず、静かで内向的な人間にもなりきれない。一つのカテゴリーに属せない、どっちつかずな性格がずっと嫌でした。多分、HSPでHSSだったからではと最近思います。

私の中のHSSは陽気で面白いヤツなんですが、時々「そういう事考えちゃマズイだろう…」って言うような事を考えるので、私の中のHSPはハラハラしています。真面目にならなければならない時や、静粛にしなければならない時、HSSはムズムズと浮かび上がってきて、私を困らせるようなことをささやきます。そんな時は「コイツは悪魔か?」と思ってしまいます。

HSSがいいと思う時は、悩んでばかりいるHSPな私に「いいからやっちゃいなよ!」と後押ししてくれることでしょうか…。
私の中のHSSは、イメージとしては『陽気なマッドサイエンティスト』って感じです。
[2012/09/14 12:01] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
サラリーマンだった頃④
朝の満員電車はある意味図書館のような静寂な雰囲気があり、さほど苦痛ではありませんでした。

帰りの電車はサラリーマンの一日が発散されていました。むかつく上司、わがままな得意先、社内恋愛の行方等々…。体中からはその日の疲れが放出され、いたたまれませんでした。こんな毎日のどこに幸せや安らぎがあるんだろう…そんなふうに思っていました。一方、そんなふうに繰り返される毎日に耐えられる人達がスゴイと思い、脆弱な自分が情けなかった。

昼間のポカポカして、人の少ない電車にのんびりと乗ってみたい…なんて想像してました。

フリーになったとき、打ち合わせ等で昼間の空いている電車に乗れるのはちょっと幸せでした。でも仕事のプレッシャーもあったので、サラリーマン時代に想像していたようなのんびりした気分にはあまり浸れませんでした。
[2012/09/12 12:01] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(2) |
エンパスな人
あまりスピリチュアルな方向へ話を持っていきたくないのですが、どうしても理屈で説明のつかない事があります。

周りには誰もいないのに、身に覚えのない感情に襲われ、身体が不調になることです。胸の奥やみぞおちの奥が、キューッと苦しくなります。これって私の思い込みでしょうか? ご自身をエンパスと思われる方で同じような経験をする方がいたらぜひ教えてください。

共感力を持つエンパスが他の繊細な感覚(五感)を持つHSPと少し違う扱いをされ、スピリチュアルな分野へ関わってしまうのは、こういう事があるからじゃないかと思います。

目の前にいない誰かが、勝手に自分の中に侵入すると考えるとガックリします。プライバシーも何もありません。どこにも逃げる場所がないんですから…。しかも私がその人を知っているとは限りません。今のところ、なすすべなしです。

非エンパスの人に相談しても思い過ごしとしか受け取ってもらえないでしょう。

たいがいはネガティブな感情がやってきます(まれにポジティブな感情がくることもありますが、そういう時は感情の混乱や胸の痛みは起きません)。

最近、行き場のない孤独と怒りを感じます。気づかない自分の感情かと思いましたが、自分の感情はどんなにネガティブなものでも、身体に馴染んでおり、胸が苦しくなったり、頭が混乱したりはしません。…だからどこまでが自分の感情で、どこからが“やってきた”ものなのかは分かりません。

私生活で、意図せずに誰かを怒らせているのかもしれません。自分にはそういう気の利かないところがあるので、またやってしまったかと落胆しています。

[2012/09/10 12:01] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(3) |
段取りを共有できない人
誰もがスンナリ分かるような人の話が理解できない。真剣に自分は“馬鹿”なんじゃないかと思ってました。

人のスケジュールを聞いても「えっ? 何で何で? こんな時はどうなるの? こんな事態にはどう対処するの?」といろんな事が頭を駆け巡ってしまい、段取りの全体を見失ってしまいます。

仕切り屋の奥さんは段取り好きです。しかし、私はそれがうまくいかないだろう事が直感的に分かってしまうことがあります。ただし直感的なので、なぜかを説明できませんし、しても大概は理解されません。「取り越し苦労」だとか「そんな事言ってたら何にもできない」とか言われてしまいます。本当に取り越し苦労な事もありますが、気を回した事がその通りになることもマレではありません。

奥さんは事態が込み合ってくると八つ当たり気味に「後はやっておいて!」とか、急に体調が悪くなって「私できない~」と言われる事も直感的(というより経験上)分かるのですが、それを本人に説明できないのがつらいです(じゃあいいよ!ってふて腐れるのも知っているので…)。

我が家は奥さんの方が強いので、結局、私は相手の段取り通りに厳格にやってしまいます。でもその後で必ず「気が利かない」だの「柔軟に対応しろ」だの言われてしまいます。私はあちこちで軌道修正しなければならない杜撰な計画を立てる奥さんに閉口しますが、一方、奥さんは「気を回してばかりいるくせに臨機応変に対応できない奴」と私の事を思っていると思います。結局、基本的な性向が違うのでどちらが悪いとは言えないのですが…。

長い人生の中でご~くまれに、ほんの少しの説明だけで、「ああ、そうだよね!」と言ってくれる人もいました。きっとその人はHSPだったのかもしれません。
[2012/09/08 12:01] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(6) |
急に弱くなる人
『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 』によれば、HSPは何かに圧倒されると人に対する気遣いができなくなるそうです。

むしろ非HSPの方がプレッシャー下にあっても人を思い遣れる方もいるようです。

私は昔からどっしり腹の据わった男になりたいと思っていました。でも実際はただのヘロヘロおやじです。

風邪や歯痛などの体調不良、雨漏りや水漏れなどの家の問題(なぜか私の家は水周りの問題がよく起きます)、パソコンの不調、誰かのちょっとした一言や表情…そんな事が気になりだすと止まらない。何でこんなに動揺するんだろうと、自分が情けなかった。

アンパンマン(子供がいるので、子供番組には割と精通しています)の元気なときと弱っているときの落差には笑ってしまいますが、なんか共感できます。弱っていても「何クソ~こんなことではヤラレないぞー!」とか言えばいいのに、本当に素直に「誰か~!」と助けを求めちゃう情けなさが…大好きです。

私も今はもう「この情けない姿こそが自分なのだ」と開き直っています。
[2012/09/06 12:01] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
熱帯夜…浅い眠り
私は昔から眠りが浅いようで、話しかけらると寝ぼけることもなく、すぐに起きてしまいます。

奥さんや子供の声を聞くとすぐに起きます。でも、近所を暴走族がぶぅおおおおお~んと通っても平気で眠ってたりします。きっと奥さんのささやきの方が暴走族よりインパクトがあるのかもしれません。

寝つきは決して悪い方ではないのですが、近年、歳のせいか夜中に目覚めるとなかなか寝付けなくなってしまいました。こどもを寝かしつけるのは私の役割なので、10時頃には布団に入ります。夜中に目が覚めるのは、大人にしてはとても早い就寝だからかもしれません。

目が覚めるといろんなことを考えるので、どんどん目がさえてしまいます。仕事のこと、こども達のこと、自分の人生のこと…。

私はひとりっ子だったので、長い間ずっとひとりで寝てました。だから結婚したとき、人と同じ部屋に寝ることに違和感を感じましたが、今では寝相の悪いこども達と雑魚寝にもすっかり慣れてしまいました。そんな自分が何だか不思議です。

何だかHSPとは関係ない話になってしまいました。すみません。
[2012/09/04 12:01] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(2) |
あまり構ってほしくない人
人から嫌われる事を避けるあまり、八方美人になってかえってゴタゴタしそうになることがあります。じゃあ、誰からも好かれたいのかと言えば、それも居心地が悪いんです。ものスゴク好かれたり、実力以上の評価をされると、期待を裏切ってしまった時のことを考えてしまって落ち着かなくなります。

ノーベル賞をとった田中耕一さんが「私の顔を早く忘れて欲しい」「そっとしておいてほしい」と言った気持ち、(自分は大したことないんですが)何だか分かります。

いれば役に立つけれども、いなければならないという程ではない…とか、とくに好きでもないけど居ても別に苦にならない…あたりがいいんです。面倒くさい男ですね。

言葉で何を言われても、そこに悪意を感じなければ非HSP以上に平気です。非HSPは言った言わないにこだわりますが、エンパスはむしろ背後の感情の方が大事だったりします。

つまり激しい好悪の感情をあまり抱いて欲しくないってことです。人に意識されると、とっても恥ずかしいんです。
[2012/09/02 12:01] | 4コマ漫画 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
プロフィール

渾敦(こんとん)

Author:渾敦(こんとん)
エンパス型のHSP
(highly sensitive person)
でHSS
(highly sensation seeking)
な中年男です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ようこそ